FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『この世界の片隅に』第六話


『激動の昭和20年ー最愛の人との別離』
内容
昭和20年3月。すず(松本穂香)らが暮らす町にも、空襲が。
あわてて帰ってきた円太郎(田口トモロヲ)により、皆無事で、笑顔に。

4月、すず、周作(松坂桃李)は、サン(伊藤蘭)も説得し、
北條家一同で、花見に出かけることに。
だが、すずは、皆とはぐれ、花見に来ていたリン(二階堂ふみ)と出会う。
桜の木に登った2人は。。。。

5月、円太郎の勤める広の工場が空襲に遭ったという報せが。
心配するすず達。径子(尾野真千子)が向かったが、安否は分からず。
そんななか周作に。。。。

敬称略


演出は、吉田健さん


ドラマとして見た場合。

ようやく“話が動いた”って感じかな。

まあ、基本的に日常の描写なのは仕方ないんだが。

やはり、“何か”が無いと。

人を見せて、人間関係で魅せるだけじゃ、

たとえ、ドラマの基本であったとしても、単調なのは事実なのだ。

毎回、盛りこむのが無理なのは、分かっていたこと。

だからこそ、

もう少し、あざとくても良いから。。。。。ね。。。




関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この世界の片隅に 第6話

1945(昭和20)年の春、広島・呉は空襲に見舞われます。 戦争の影が日に日に濃くなって行く中、サン(伊藤蘭)の提案で「こんなご時世だから」と花見を企画します。 この花見は、幸子(伊藤沙莉)に、周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介する重大な会でもありました。 サンと径子(尾野真千子)は満開の桜に心が和みますが、すず(松本穂香)は人ごみの中にリン(二階堂ふみ)を見つけ...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年08月20日(Mon) 12:17


この世界の片隅に (第6話・2018/8/19) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『この世界の片隅に』(公式) 第6話『家族を守り抜く…愛しき人との約束』の感想。 なお、原作の こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社)は未読、劇場アニメーション映画(2016)は Blu-ray鑑賞済み(感想あり)、日テレの終戦記念スペシャルドラマ(2011)は未見。 呉の空を覆い尽くすほどの敵機が現れた。初めて空襲に...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年08月20日(Mon) 07:45


この世界の片隅に 「昭和20年夏、きたる運命の日!」

時代は、昭和20年、戦局は、どんどん厳しくなってきますが、こんな折だたからと、むしろ花見が開催。なぜか、リン(二階堂ふみ)と遭遇し、一緒に木に登って、人々を眺めるすず(松本穂香)ついに、呉の空にも敵機が山ほどあらわれました。初めて本格的な空襲にあった、すず達… でも、お父ちゃんの気絶、というか眠ってしまっていたのは可笑しかったな。防空壕に避難してても、たいへんな大音響です。周作(松坂桃李)も...
[続きを読む]

のほほん便り | 2018年08月20日(Mon) 07:29


日曜劇場『この世界の片隅に』第六話

『激動の昭和20年ー最愛の人との別離』内容昭和20年3月。すず(松本穂香)らが暮らす町にも、空襲が。あわてて帰ってきた円太郎(田口トモロヲ)により、皆無事で、笑顔に。4...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年08月19日(Sun) 23:55