FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』第4話


内容
圭司(山田孝之)から、緊急の呼び出しを受けた祐太郎(菅田将暉)
1時間ほど前、依頼人の日暮裕司(野田洋次郎)から信号を受けたと。
謎の文書が残されていたという。そして、残されたデータは、謎の絵。
今回は“特別”だと、圭司は、祐太郎と死亡確認へ向かう。
すると。。。アパートの自室で、吐血し絶命していた。手には描きかけの絵。

かつて、圭司が心酔した超能力少年。。。それが日暮裕司。
しかし25年前に、霊視に失敗してからバッシングが始まり、姿を消した。

残された絵の謎を知ろうと、ふたりは動き始める。
そこで、25年前のテレビ局の関係者への接触を試みるが失敗。
そんなとき、父・重治(矢島健一)とともに、
母の行方を捜していた少女・松井美香。
その現在の美香(松本若菜)のもとへ。。。

敬称略


脚本・監督は、瀧本智行さん


分かり易すぎる祐太郎のキャラはともかく。

分かり難い部分が多い圭司。

そのギャップで見せているところがある今作。

その圭司が、“自ら動きたい”と思える案件である。



良いですね。こういう雰囲気のエピソードも。

この2人のキャラだから。。。そして、この2人の仕事だから、

描くことが出来たエピソードでしょうね。


“仕事のうち。。。。じゃないですけどね”(笑)

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

dele 第4話

今回は、元・天才・超能力少年が依頼者。彼は、少年時代の圭司(山田孝之)のヒーローで、霊視で失踪者を見つけ出すテレビ番組は高視聴率を記録メディアの寵児になりますが、ある依頼者のことを霊視できず、バッシングされて、表舞台から消えたのでした。でも、それは、その親子が、居なくなった母親を探そうとしてましたが、父親が母親を殺して埋めたことまで分かってしまったがゆえに、少女を傷つけたくなくて、そうしたの...
[続きを読む]

のほほん便り | 2018年08月19日(Sun) 06:39


dele/ディーリー 第4話

不可解なフレーズと葛藤に満ちた遺書とも取れるメールが、dele.LIFEに届きました。 送信主は日暮裕司(野田洋次郎)で、ファイルの死後削除を依頼していた人物でもありました。 メールを受け取った圭司(山田孝之)は、いつになく率先して削除依頼されていたファイルを開きます。 中には子供が描いたと思われる絵が数点格納されていました。 すぐさま日暮の死亡確認に向かった祐太郎(...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年08月18日(Sat) 14:03


dele/ディーリー (第4話・2018/8/17) 感想

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』(公式) 第4話の感想。 なお、原案の本多孝好「dele ディーリー」は未読。 圭司(山田孝之)が依頼人の30代男性・日暮のファイルを消去せずに開くと言い、祐太郎(菅田将暉)は驚く。そこには、子どもが描いたような10枚ほどの色鉛筆画が。病死した日暮は25年前、‘天才超能力少年’として注目された人物。霊...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年08月18日(Sat) 09:50


金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』...

内容圭司(山田孝之)から、緊急の呼び出しを受けた裕太郎(菅田将暉)1時間ほど前、依頼人の日暮裕司(野田洋次郎)から信号を受けたと。謎の文書が残されていたという。そして、...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年08月18日(Sat) 08:43