FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『この世界の片隅に』第五話


『迫り来る空襲!さよなら初恋の人』
内容
昭和19年12月。すず(松本穂香)のいる北條家を、
幼なじみの水原(村上虹郎)が、突然、すずを訪ねてくる。
入湯上陸で、呉に入り、やってきたと言うことだった。
一晩泊めて欲しいという水原に、困惑するサン(伊藤蘭)径子(尾野真千子)
だが水原が手土産も持ってきたこともあって、結局、泊めることに。
そんななか、水原と周作(松坂桃李)が知り合いだったと分かるが。
心穏やかではない周作は、すずに。。。。

そして。。。年が明け、昭和20年。2月。
兄・要一が戦死したという連絡があり、すずと周作は、浦野家へ。。。

敬称略


脚本は、岡田惠和さん

演出は、土井裕泰さん



いやね。

ドラマだから、仕方ないんだけど。

だったら、もう少し“何か”入れた方が良かったかな。

だって、ドラマでは話しは連続しているけど。

昭和19年12月。。。昭和20年1月、、そして2月。

かなり好意的に見ても、劇中では1か月は経過していると言うことだ。

こうなると、オシイのは、1月の描写と言う事になる。

う~~んん。。。。。。。ま、いいや。



時間経過をさせるというのは、難しいことなのである。

ドラマとして、頑張っているとは、思うんだけどね。。。。。。。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この世界の片隅に 第5話

1944(昭和19)年12月のある日、すず(松本穂香)が水くみをしていると、軍艦に乗っているはずの水原(村上虹郎)が現れます。 水原は「すずに会いに来た」と言っていました。 水原は、すずが止めるのも聞かず北條家にやって来ます。 彼から「今晩泊めてほしい」と告げられたサン(伊藤蘭)と径子(尾野真千子)は驚きますが、この状況を楽しみ始めます。 そんな中、帰宅して水原の顔を...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年08月13日(Mon) 13:24


この世界の片隅に (第5話・2018/8/12) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『この世界の片隅に』(公式) 第5話『空襲来る…さよなら初恋の人』の感想。 なお、原作の こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社)は未読、劇場アニメーション映画(2016)は Blu-ray鑑賞済み(感想あり)、日テレの終戦記念スペシャルドラマ(2011)は未見。 井戸端を訪れたすず(松本穂香)は、水兵になった幼なじみ・...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年08月13日(Mon) 08:02


この世界の片隅に 「空襲来る…さよなら初恋の人」

毎日の日課・井戸端を訪れたすず(松本穂香)は、水兵になった、幼なじみ・哲(村上虹郎)と再会そして、なぜか北條家までついて来た哲は、一晩泊まらせてほしいと言い出します。すず達一同が困惑する中、周作(松坂桃李)が帰宅こっそり、哲と世間話する、すずですが、不機嫌な周作に、すずは、気もそぞろでも、ギャラリーの径子(尾野真千子)とサン(伊藤蘭)はその状況を楽しんでいます。でも何事もなく、別れて、そして...
[続きを読む]

のほほん便り | 2018年08月13日(Mon) 06:35


日曜劇場『この世界の片隅に』第五話

『迫り来る空襲!さよなら初恋の人』内容昭和19年12月。すず(松本穂香)のいる北條家を、幼なじみの水原(村上虹郎)が、突然、すずを訪ねてくる。入湯上陸で、呉に入り、やっ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年08月12日(Sun) 22:00