FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『西郷どん』第三十回


『怪人 岩倉具視』
内容
一橋慶喜(松田翔太)に見切りをつけ、倒幕に動き始めた吉之助(鈴木亮平)は、
近衛家から朝廷に働きかけてもらおうとするが。
慶喜は、孝明天皇(中村児太郎)からの信が厚く。無理だと言われてしまう。
そこで、かつて孝明天皇の妹・和宮と、将軍・家茂の縁談をまとめ、
孝明天皇からは“友”と呼ばれた男。
しかし今は朝廷から追放された岩倉具視(笑福亭鶴瓶)
その力を借りようと、吉之助は、一蔵(瑛太)とともに、岩倉のもとを訪れる。
岩倉が倒幕を考えていると感じ取った吉之助は、
自身の思いとともに岩倉にぶつける。
すると岩倉は、アッサリ認めるが、金の無心をされるのだった。
直後、一蔵から、いつもこの調子だと言われ、吉之助は愕然とする。

岩倉の屋敷から帰ろうとしたとき、妙なことが起きる。
一瞬にして。。。屋敷は、賭場に。
そこで、吉之助は、桂小五郎(玉山鉄二)と再会する。
先日の戦いを取り上げ、薩摩を裏切り者と罵る桂。その言葉に、一蔵も激怒する。
吉之助は、薩摩は長州と手を組むと告げるも、桂は拒絶し、薩摩を薩賊と罵る。
それを受け、一蔵も長州を罵り、
ついに桂と一蔵は、刀を抜き合い、一触即発の危機に陥ってしまう。
そこに、岩倉が割って入ってくる。吉之助の思いは理解したと。
桂と一蔵の対立を解いた上で、2人を帰らせ、
吉之助に、屋敷に留まるよう命じるのだった。

翌日、岩倉の屋敷にいる吉之助を連れ戻すためやって来た一蔵は、
屋敷を掃除していて、凄いモノを見つけたと吉之助に言われる。
それは、吉之助が考えるコトと同じ文だった。しかし岩倉からは拒絶されたと。
一蔵は、コレが最後だと金子を岩倉に手渡し、去ろうとしていると、
そこに吉之助が。。。。。。

敬称略



ついに、怪人の登場である。

幕末に偉人、英雄と呼ばれる人たちは、かなり沢山いるし。

人気のある人たちも、その描写の仕方などもあって、沢山いる。

が、よくよく考えれば分かるのだが。

有名になる前。そう。本当の意味で歴史に登場する前から、

間違いなく偉人ならぬ。。。異人と言って良い人物こそが、岩倉具視。


以前、サラッと書いたことがあるが。

もうちょっと、利用していれば、ドラマとして面白かっただろうに。。。と。


とりあえず、

これで、歴史が動き始める。。。ということである。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西郷どん感想メモ 27〜30話

公式サイト この暑さ等で体調が悪化したのと、生活環境が激変したため、すっかり感想
[続きを読む]

昼寝の時間 | 2018年08月16日(Thu) 21:28


【西郷どん】第30回 「怪人 岩倉具視」感想

…岩倉は下級の公家ながら、かつて孝明天皇の妹・和宮と将軍徳川家茂の縁談をまとめた凄腕。しかし今は朝廷から追放され貧しいちっ居生活を送っていた。…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2018年08月13日(Mon) 05:44


大河ドラマ『西郷どん』第三十回

『怪人 岩倉具視』内容一橋慶喜(松田翔太)に見切りをつけ、倒幕に動き始めた吉之助(鈴木亮平)は、近衛家から朝廷に働きかけてもらおうとするが。慶喜は、孝明天皇(中村児太郎...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年08月12日(Sun) 18:47