FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

健康で文化的な最低限度の生活 第4話


【シングルマザーの孤独…チームで救え!】
「頑張るシングルマザーの孤独」
内容
生活保護を受けている岩佐朋美(安達祐実)が
七条(山田裕貴)を訪ねてやってくる。
夫のDVが原因で離婚。6歳の娘・咲(吉澤梨里花)をひとりで育てていた。
仕事探しているという朋美の話しを聞き、七条は応援することを約束する。

一方、面談中、咲の面倒を見ていたえみる(吉岡里帆)は、
咲が妙なコトを口にしたことを心配する。
様子がおかしかったことを、えみるは報告するが、“大丈夫”と言う七条。
自身の母・玲子(山下容莉枝)と同じだと、感情移入しているようだった。

そんななか、えみるたちは、京極(田中圭)から、
区の財政のひっ迫もあって、利用者へ就労を促すよう命じられる。
七条は、朋美に連絡を入れて確認。就職が決まったと聞きひと安心する。

だが、直後から、朋美と連絡が取れなくなってしまう。
その後、偶然、見かけ声をかけても、朋美に逃げられてしまい、
七条は京極に相談する。すると打ち切りの検討を指示される。
まさかのことに、困惑する七条。そこに朋美の妹・百合子がやってくる。
そして、朋美の就職が決まっていないと知った七条は、
再び、朋美と面談をすることに。
七条は、一緒に頑張ろうと励ますも、
えみるは、朋美の様子がおかしいコトに気づき声をかける。
追いつめられた状態を、えみるは、報告するが、七条は取り合わず。
ふたりは言い争いになってしまう。すると半田(井浦新)がアドバイスをする。

そのころ、えみるは、円(徳永えり)から、
阿久沢(遠藤憲一)のやる気が無くなったと知る。

敬称略


脚本は、矢島弘一さん

演出は、小野浩司さん




主人公の影は薄くなっているけど。

こういうパターンのドラマなので、仕方ないでしょう。

ってことで。

今回は、七条の話である。



七条が関わる利用者について描くだけで無く。

七条自身も描き。

そして、周りも良い感じで役割分担。

京極、半田。。。特に京極が、今までとはちょっと違って良い上司(笑)

半田「係長だから、七条君を動かせたんですね」

それぞれの過去、人間関係も含めて、

かなり作り込まれているのが分かるエピソードである。

それでいて、俳優達も、

脚本、演出に応えて。。。。ほぼ三位一体。

シリアスな内容で、悪くはありません。


ただ、今回を見て、1つの疑問が。

そう。

主人公のエピソードだと、主人公のキャラもあって、

若干、軽い印象になってしまうことだ。

前回までは、それが、少し仇になってしまっていた。

そういうつもりじゃ無くても。


難しいのは分かるが。

そのあたりは、公私の描き分けで、上手くやることが出来ると思うのだが。


まあね。難しいテーマなのだ。

現実は。。。ってのは、横に置いておきますけどね。

それを言い出すと、キリが無いので。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

健康で文化的な最低限度の生活 第4話

1年前に夫の家庭内暴力が原因で離婚し、以来、生活保護を受けている岩佐朋美(安達祐実)が、七条(山田裕貴)を訪ねてやって来ます。 朋美は6歳になる娘・咲(吉沢梨里花)の育児をしながら求職活動をしています。 七条は朋美に、同じく女手一つで育ててくれた母親を重ね、熱心に求職活動を勧めます。 朋美の面談中、えみる(吉岡里帆)は咲の言動から朋美が咲をストレスのはけ口にしているのではな...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年08月08日(Wed) 13:14


健康で文化的な最低限度の生活 (第4話・2018/8/7) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『健康で文化的な最低限度の生活』(公式) 第4話『シングルマザーの孤独…チームで救え!』の感想。 なお、原作の柏木ハルコ「健康で文化的な最低限度の生活」(小学館)は未読。 えみる(吉岡里帆)の同期の七条(山田裕貴)が担当する生活保護受給者・岩佐(安達祐実)は、夫の暴力が原因で離婚し、保育園児の娘・咲(吉澤梨里花)と2人暮...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年08月07日(Tue) 23:58


健康で文化的な最低限度の生活 第4話

【シングルマザーの孤独…チームで救え!】「頑張るシングルマザーの孤独」内容生活保護を受けている岩佐朋美(安達祐実)が七条(山田裕貴)を訪ねてやってくる。夫のDVが原因で...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年08月07日(Tue) 21:55