FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』第2話


内容
圭司(山田孝之)に言われ、死亡確認に出かけた祐太郎(菅田将暉)
今回のクライアントは、宮内詩織(コムアイ)
扉の鍵は掛かっておらず。室内で亡くなっていた。
所持品から死亡を確認。圭司に促され、部屋から姿を消そうとしたところ、
舞(麻生久美子)に引き止められる。遺書が無いかと。
周辺を確認すると、“データを消さないで欲しい”と書き遺されていた。
舞の話では、エンディングノートについての相談があったと言うコト。
それでも、圭司はデータを削除しようとするが、舞と祐太郎は反対。
渋々、圭司は、詩織の死因を調べることを了承するのだった。

が、同姓同名が多く、特定出来ない。
すると祐太郎は、部屋に音楽の機材があった事を思い出す。
それをきっかけに、特定。
友人として実家を訪れるが、あまり人と関わっていなかったよう。
詩織の母・康子から、友人がいたとは。。と。葬儀への出席を勧められる。

祐太郎が帰ったあと、康子と、詩織の父・正路(中村育二)が。。。。

その後、祐太郎は、詩織の所持品から、ガールズバーを見つけ。
店を訪ねると。。。春田沙也加(石橋静河)たちがいたが。。。。
祐太郎は、妙な“空気”を感じ取る。

敬称略



脚本は、渡辺雄介さん

監督は、常廣丈太さん



前回は、初回だったので

設定を前に出して、俳優。。そしてそのキャラを前に出して、

ドラマを見せて、魅せていた感じだったが。

今回は、さすがに。。。設定は“ありき”で話を進めている感じで。

第2話で、すでに脚本、俳優、演出が、完璧に噛み合っている。

そう。三位一体という技術的な部分から、もう1歩進んで、

物語で魅せてきている感じだ。


秀逸なのは、主人公たち自身、その過去にも、

さりげなく踏み込んでいることだ。

きっと、これは、今後の展開次第だろうが。

なかなか。。。。ですね。

第2話で、これは、凄いね。


勿体ないなぁ。。。。これが、深夜ドラマ。。なんて。。。。

すでに、傑作のニオイがします。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

dele/ディーリー (第2話・2018/8/3) 感想

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』(公式) 第2話の感想。 なお、原案の本多孝好「dele ディーリー」は未読。 祐太郎(菅田将暉)は、依頼人である26歳の女性・詩織の死亡確認に向かい、音楽機器が揃った自宅マンションで遺体を発見。以前、舞(麻生久美子)が相談に乗った彼女の‘エンディングノート’には、「deleの人へ やっぱりデータは消...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年08月04日(Sat) 22:09


dele/ディーリー 第2話

圭司(山田孝之)が営む「dele.LIFE」の依頼人・宮内詩織(コムアイ)のスマホが操作されなくなったと信号が送られて来ます。 死亡確認に向かった圭司の相棒・祐太郎(菅田将暉)は、自室でペンを握ったまま亡くなっている詩織を発見します。 祐太郎は、エンディングノートとそこに書き足してあった「やっぱりデータは消さないで下さい」と「dele.LIFE」宛の手書きのメッセージを見つけます...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年08月04日(Sat) 13:44


金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』...

内容圭司(山田孝之)に言われ、死亡確認に出かけた裕太郎(菅田将暉)今回のクライアントは、宮内詩織(コムアイ)扉の鍵は掛かっておらず。室内で亡くなっていた。所持品から死亡...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年08月04日(Sat) 08:21