FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『西郷どん』第二十八回


「勝と龍馬」
内容
長州勢の指揮官を討つことで、戦いを終わらせようとした吉之助(鈴木亮平)
しかし、慶喜(松田翔太)の命により、会津勢が動き、戦いは激化。
京は、炎に包まれてしまうのだった。あまりのことに吉之助は愕然とする。
少しでも命を救おうと、吉之助は、負傷者を敵味方なく受け入れ、処置を命じる。

長州を撃退したことで、慶喜は長州征伐を諸藩に命じる。
小松帯刀(町田啓太)から事情を聞いた吉之助は、慶喜の元へと出向く。
そこには、慶喜に意見する男がいた。驚く吉之助。
部屋から出てきた男は「西郷どん?」と口にする。勝阿波守(遠藤憲一)だった。

ようやく慶喜と顔を合わせた吉之助だったが、
高揚し、長州を討つと言ってはばからぬ慶喜に、吉之助は黙っていた。
だが、仕事が欲しいと伝えたことで、海軍を動かすため、
勝を説得するよう命じられる。

吉之助は、勝のもとへ向かったところ。そこには、坂本龍馬(小栗旬)がいた。
龍馬に疑われる吉之助であったが、そこに勝が現れ、ようやく話が出来ることに。
戦をしている場合では無いという勝の言葉に、吉之助は納得しながらも、
民のために動いて欲しいと説得する。
すると勝は、斉彬が存命ならば、幕府を見限れと言ったのではと語る。
その言葉に驚きながらも、吉之助は、何かを感じる。

慶喜の元へ戻った吉之助は、書状を燃やしたことに憤る慶喜から、
幕府軍を率いるよう命じられる。
吉之助が、素直に受け入れたことに、妙なものを感じる慶喜。
すると吉之助は。。。。

敬称略



今回は、ようやく

主人公が主人公らしくなり。主人公を中心として物語を紡いだ感じだね。

“連ドラ”として、違和感はあっても。

やはり、今回くらい、主人公を主人公として。

物語の中心に据え、描いてほしいものだ。

そうすれば、面白味が増えていくでしょうし。

違和感を無視して、ドラマを見ることが出来るようになるでしょう。


ここが、最低ラインだね。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西郷どん 第28話「勝と龍馬」

大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第28回「勝と龍馬」 あらすじ・・・・・・・
[続きを読む]

みはいる・BのB | 2018年07月30日(Mon) 18:02


【西郷どん】第28回 「勝と龍馬」感想

…そんな慶喜の命で、吉之助(鈴木亮平)は、勝安房守(遠藤憲一)に会いに行く。そこに現れる弟子の坂本龍馬(小栗旬)。勝は吉之助に「長州と戦を…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2018年07月30日(Mon) 05:14


大河ドラマ『西郷どん』第二十八回

「勝と龍馬」内容長州勢の指揮官を討つことで、戦いを終わらせようとした吉之助(鈴木亮平)しかし、慶喜(松田翔太)の命により、会津勢が動き、戦いは激化。京は、炎に包まれてし...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年07月29日(Sun) 18:49