レベル999のFC2部屋

水曜ドラマ『正義のセ』第10話(最終話)


内容
殺人事件を担当する事になった凜々子(吉高由里子)
被疑者は、衆議院議員・中条良成(宅麻伸)の息子・秀成(落合モトキ)。
秀成は、被害者の入江大輔(佐藤祐基)と路上で口論となり、
入江が持っていた包丁で脅され、抵抗しているうちに殺したと正当防衛を主張。
目撃者の加納勇(神尾佑)の証言とも一致する。
凜々子、相原(安田顕)の印象では、正当防衛にみえた。

一方で、入江が働いていた料亭の主人・塚田智之(小野了)は、
仕事柄、包丁は持ち歩くことがあったという。
前科も知っていたが、真面目に働いていたという。
店の仲居で、入江の恋人・大石笑子(岡本玲)も、考えられないと。
判断に迷う凜々子。

そんなとき、新たな目撃者が現れる。
樋口奈央(小松彩夏)によると、秀成に絡まれていたという。
それを、入江が助けてくれたと言うことだった。
完全に正反対の証言。

その直後、中条が、弁護士を伴い現れ、息子の釈放を要請する。

敬称略





話自体は、人情モノとして、普通ですね。

特に、捻っているわけでもありませんし。

ただ今回に関しては、

相手の悪意が強かったので、

結果的に、主人公の正義感が見えた感じだね。


それくらいだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正義のセ 最終話

凛々子(吉高由里子)は、衆議院議員・中条良成(宅麻伸)の長男・秀成(落合モトキ)が犯した殺人事件を担当することになります。 秀成は、被害者・入江(佐藤祐基)に絡まれ、身を守るために反撃したら殺害してしまったと主張し、それを裏付ける目撃者も現れます。 また、入江が過去に傷害事件を起こしていたことも発覚し、事件は秀成による正当防衛かと思われました。 しかし、凛々子と相原(安田顕...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年06月14日(Thu) 11:22


正義のセ (第10話/最終回・2018/6/13) 感想

日本テレビ系・水曜ドラマ『正義のセ』(公式) 第10話/最終回『被害者のために! 新米検事最後の事件!!』の感想。 なお、原作の阿川佐和子「正義のセ」(角川文庫)は既読。 ※[読書] 正義のセ [第1~4巻] (阿川 佐和子/著・角川書店) 感想 凜々子(吉高由里子)は、衆議院議員・中条(宅麻伸)の息子・秀成(落合モトキ)が犯した殺人事件を担当する。秀...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年06月14日(Thu) 09:24


水曜ドラマ『正義のセ』第10話(最終話)

内容殺人事件を担当する事になった凜々子(吉高由里子)被疑者は、衆議院議員・中条良成(宅麻伸)の息子・秀成(落合モトキ)。秀成は、被害者の入江大輔(佐藤祐基)と路上で口論...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年06月13日(Wed) 22:57