fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『ブラックペアン』第7話


『渡海がついにライバル病院へ!!』
内容
帝華大へと引き抜かれ、東城大を去った渡海(二宮和也)
西崎(市川猿之助)教授は、理事長選が終わるまで、仕事をさせないと決めた。

そのころ東城大では、厚労省の富沢(福澤朗)が、
“カエサル”の2度目の治験を行うよう、佐伯(内野聖陽)に迫っていた。
患者は、山本祥子(相武紗季)が。。。と富沢。
西崎経由で、渡海担当の患者の情報を入手しているようだった。
佐伯は、黒崎(橋本さとし)を執刀医に、高階(小泉孝太郎)をサポートにする。

そんななか、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)が、
祥子のもとへ説明に行くのだが、高階たちがいるにも関わらず、
香織は説明もせずに病室をあとにする。
隣町の病院で働く看護師の祥子は、香織が元同僚だと説明する。
以前、執刀医の医療ミスを押しつけられ、病院を辞めたという。

一方、資料の整理をしていた花房美和(葵わかな)は、
その中に、“渡海一郎”の名前を見つける。佐伯との共著。
やはり、渡海と佐伯に、何かがあるのではと世良(竹内涼真)に伝える。

その後、黒崎が手術の準備を進めていくのだが。。。

敬称略


脚本は、丑尾健太郎さん、神田優さん
演出は、青山貴洋さん



渡海“どこに行こうと。オレのやることは、変わらないんだよ”


何の自虐か知らないけど。

ほんと、大学が変わっても、やっていること同じ(苦笑)


まあ、同じ大学でも。。。患者、エピソードが変わっているはずなのに。

やっていることが、ほぼ同じだったので、

逆に、“変わる方がオカシイ”のかもしれませんけど。


シチュエーションが変わっているのに、描いているコトが変わらないのは、

連ドラとしては、致命的でしょうけどね。

確かに、基本的に一話完結なので、

“同じ”でも、間違っているとは思いませんが。


せめて、もう一捻りしてくれないと、既視感しか無いです。


一応、キャスティングした“俳優”を目立たせようとしている意図は、

いや“大人の事情”は、理解します。

今回に関しては、“次”に繋がるためか、

最終的には、いつもとは違う展開にしていますが。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラックペアン 第7話

渡海(二宮和也)が、西崎(市川猿之助)のいる帝華大学病院に引き抜かれます。 西崎の狙いを高階(小泉孝太郎)が不審がる中、手術支援ロボット・カエサルを推進する厚生労働省の富沢(福澤朗)が、佐伯(内野聖陽)のいる東城大学病院に1人の患者の治験を持ち掛けます。 カエサルの治験にぴったりの症例と言う患者・山本祥子(相武紗季)の情報を富沢が知り得たのは、患者のリストを誰かが持ち出したからで...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年06月04日(Mon) 09:45


ブラックペアン (第7話・2018/6/3) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『ブラックペアン』(公式) 第7話『隠蔽を許すな!親友の命とペアンの謎!!』の感想。 なお、原作の海堂尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)は既読。 ※[読書] ブラックペアン1988 新装版 (海堂 尊/著・講談社) 感想 西崎(市川猿之助)から高額を提示された渡海(二宮和也)が、帝華大学病院に移籍した。そんな折、...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年06月04日(Mon) 06:30


日曜劇場『ブラックペアン』第7話

『渡海がついにライバル病院へ!!』内容帝華大へと引き抜かれ、東城大を去った渡海(二宮和也)西崎(市川猿之助)教授は、理事長選が終わるまで、仕事をさせないと決めた。そのこ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年06月03日(Sun) 21:56