レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『西郷どん』第二十一回

『別れの唄』
内容
吉之助(鈴木亮平)と愛加那(二階堂ふみ)に男子が誕生した。
大島に来て2年目のことだった。
誕生から7日目。儀式を終え、吉之助は、我が子に菊太郎と名付けようとする。
すると龍佐民(柄本明)が、吉之助が薩摩に戻ることを考え、
菊次郎とすることを勧めるのだった。

そのころ、“国父”として薩摩の実権を握った久光(青木崇高)は、
正助あらため大久保一蔵(瑛太)に、あることを命じる。
それは、吉之助の薩摩への帰還命令だった。

しばらくして、一蔵が“鉄の輪”とともに大島にやって来る。大喜びの吉之助。
だが愛加那は。。。。。そして一蔵から召還状を手渡されるも、吉之助は拒絶。
一蔵の説得に応じない吉之助。
それでも、薩摩で待っていると。。。言葉を残し、一蔵は帰っていく。

そんななか、愛加那が、一蔵から預かったという箱を持ち出してくる。
“西郷吉之助は、薩摩の宝”と言われ、手渡された物だった。
吉之助が、箱を開けると、その中には。。。。

それからすぐ、愛加那は、もう一人身ごもっていると知る。

敬称略


何度も書くようだが、

かなり脳内補完しているから、面白味はあるんだけどね。

そこだよ。そこ。

 “薩摩には西郷吉之助が必要”

それが、素直に理解、納得出来ないんだよ。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西郷どん感想メモ 21話「別れの唄」

公式サイト 島編最後・・・らしい? ほとんど全編、別れる運命にあるという夫婦愛が
[続きを読む]

昼寝の時間 | 2018年06月06日(Wed) 16:51


【西郷どん】第21回 「別れの唄」 感想

愛加那(二階堂ふみ)の間に男子が生まれる。吉之助は菊太郎と名づけようとするが、龍佐民(柄本明)は、いつか薩摩に戻る吉之助の子供は菊次郎と…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2018年06月04日(Mon) 01:28


大河ドラマ『西郷どん』第二十一回

『別れの唄』内容吉之助(鈴木亮平)と愛加那(二階堂ふみ)に男子が誕生した。大島に来て2年目のことだった。誕生から7日目。儀式を終え、吉之助は、我が子に菊太郎と名付けよう...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年06月03日(Sun) 18:44