FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『西郷どん』第二十回


『正助の黒い石』
内容
とぅま(二階堂ふみ)に愛加那という名をおくり、
吉之助(鈴木亮平)は、島で生きていくことを決意し、祝言を挙げる。

その1年ほど前。
薩摩では、斉興(鹿賀丈史)が実権を握っていた。
正助(瑛太)は、斉興に仕えることになっていたものの、
格之助(北村有起哉)俊斎(高橋光臣)有馬新七(増田修一朗)らと
距離が生まれ、対立するようになっていた。
だが、ある日、斉興の勧めにより、久光(青木崇高)と接近する機会を得る。
久光より、吉之助との関係を問われた正助は、
「遠からず先に、然るべき時がやって来る」と伝える。
そのときこそ、久光が“国父”として薩摩の実権を握り、幕府にもの申すときと。

ほどなくして、斉興が亡くなり。久光が国父として実権を握りはじめる。

敬称略



“お久しぶりねぇ”は、横に置いておく。


今回の話、本気で驚いたぞ。

まさか、1年も時間を巻き戻して、

正助の物語を描くとは!!


確かに、今作の序盤では、

大久保正助は、主人公の“次”だったのだ。

が、それを上手く描写出来ていなかったのが今作。

で。。。気がつけば、斉彬が前に出る始末。

もちろん、主人公が西郷吉之助なのだから、間違っていないのだが。


今作が“描く先”=“未来”を考えれば、

正助の描写は、絶対に不可欠なのは、

斉彬たちの描写よりも、間違いないことだったのである。

しかし、今作。。。いや、作者は、妙なこだわりを見せてしまった。


それが、作風なのも分かっているんだけどね。

ただ、そのせいで、物語の芯がハッキリしなくなってのも事実なのである。

主人公を立てるならば、その“対”が必要で。

結果的に、それを上手く出来ていなかったのである。


今後を考えれば、今回は、無くてはならないもの。

そういう意味じゃ、大満足ではあるのだ。


でもね。

だったら、もっともっと描いて欲しかったのだ。

正助を。。。正助達を。


“結末”が、どうかよりも。

それらの友情こそが、物語の根幹だろうからだ。

まあ、それ以前に、吉之助との関係をもっと描くべきだったけどね。





関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西郷どん感想メモ 20話「正助の黒い石」

公式サイト 島編が続いて、今回は本土の生臭い政治の話に戻りました。幕末大河の王道
[続きを読む]

昼寝の時間 | 2018年05月28日(Mon) 16:54


【西郷どん】第20回 「正助の黒い石」 感想

薩摩藩に生まれ、明治維新の立役者となった西郷隆盛を「愛に溢れたリーダー」として生き生きと幕末を描く…吉之助(鈴木亮平)はとぅま(二階堂ふみ)…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2018年05月28日(Mon) 03:41


大河ドラマ『西郷どん』第二十回

『正助の黒い石』内容とぅま(二階堂ふみ)に愛加那という名をおくり、吉之助(鈴木亮平)は、島で生きていくことを決意し、祝言を挙げる。その1年ほど前。薩摩では、斉興(鹿賀丈...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年05月27日(Sun) 18:45