fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

木曜劇場『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第6話


内容
真海(ディーン・フジオカ)の陰謀により、
入間(高橋克典)が娘・未蘭(岸井ゆきの)の婚約者と決めた出口が死んだ。
それは、入間の知らぬ瑛理奈(山口紗弥加)の目覚めでもあった。

そんななか、真海は、香港のタブロイド紙に、ある記事を掲載させる。
十数年前に失踪した有名俳優が、“ヴァンパ”に始末されたという記事だった。
動揺する南条幸男(大倉忠義)。当時、俳優の付き人をしていたのが南条だった。
脳裏をよぎる。。。。事件。。。
その直後、南条は組織の呼び出しを受ける。リークしたのではと疑われる。
しかし違うと南条が答えると、神楽エステートの牛山直紀(久保田悠来)が、
香港で探っていたことを知ることに。
すぐに南条は、神楽(新井浩文)に接触し、辞めるよう注意する。警告だと。

だが南条の警告により、神楽は、真海に知らされていたコトが事実と確信。
南条が香港マフィアと繋がりがあると。
神楽は、真海に会い、“証拠”を持っていると知る。
そこで神楽は、地上げ屋の寺角(渋川清彦)に、“証拠”の入手を依頼。
寺角は、偶然見かけた“知人”の安堂(葉山奨之)に。。。。

そのころ、信一朗(高杉真宙)に興味を抱きはじめた未蘭は、
信一朗の父・英一朗(木下ほうか)に世話になったという大悟(高橋努)から、
信一朗の過去を知る。それは、父が関わった事件で。。。

敬称略



脚本は、黒岩勉さん

演出は、永山耕三さん



そっか。。。そういうことね。

ようやく、謎の人物の過去が判明ですね。

まあ、そういう関係がなければ、協力者にはならないよね。


そこはともかく。


実は、ずっと気になっていたことがあったのだ。

ココ数回、絞り込んで描いていましたからね。

こうなると、ワンパターンな印象になるだけで無く。

丁寧すぎるがゆえ、主人公のシーンが少なくなり、

その目的。。。計画。。。いや陰謀が見えにくくなるのだ。

正確には、全体像だろうか。


が、今回は、アレもコレもと、描いて来た。

正直、詰め込み過ぎじゃ?と感じるほどに。


そう。たしかに、詰め込み過ぎの印象も無くは無いのだが。

あの案件は?あの人の復讐は?あの復讐の結末は?と

気になることがたくさんあるのが、今作。

それを考えれば、

詰め込み過ぎではあっても、スッキリした印象があって、

今作の全体像。。。復讐劇がハッキリと見え、面白かったと思います。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 第6話

香港のタブロイド紙が、十数年前に失踪した有名俳優・ショーン・リー(ジョー・ナカムラ)の家族が裏組織に殺害されたと言う新証言を掲載します。 記事は、真海(ディーン・フジオカ)が裏で手を回したものでした。 幸男(大倉忠義)の弱点を探る神楽(新井浩文)は、ショーンの家族の失踪当時の付き人が幸男だったことから、その記事に反応します。 そんな中、バーで飲んでいた幸男は、裏組織に多額の...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年05月25日(Fri) 12:13


木曜劇場『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復...

内容真海(ディーン・フジオカ)の陰謀により、入間(高橋克典)が娘・未蘭(岸井ゆきの)の婚約者と決めた出口が死んだ。それは、入間の知らぬ瑛理奈(山口紗弥加)の目覚めでもあ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年05月24日(Thu) 22:53