FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話


内容
厚生労働省官僚・須賀勇蔵(児玉頼信)が突然死した。
解剖により、体内からモスキートペアンが発見される。
5年前に手術を行っていることから、そのときに放置されたモノと思われた。

川奈部(光石研)らは、5年前に手術が行われた松河総合病院へ。
当時、執刀をした松河正一(植草克秀)院長から話を聞き始める。

そのころ、倉庫の資料により、手術の1週間後に、
放射線技師・中尾勲(町井祥真)が刺殺されていたことが分かる。
現場には“も”の文字が残されていた。
張り切り始める朋(波瑠)は、古賀(沢村一樹)に申し出るが、拒否。
さすがに“も”だけでは。。。と。
が、財津(高田純次)が、古賀に耳打ちし。。。

朋、理沙(鈴木京香)らが、事件を捜査をはじめたところ。
正一の弟・松河森次(宮迫博之)の名前を見て、朋は驚く。
数ヶ月前、銃で撃たれ、死の淵をさまよっていた朋を救ってくれた医師だった。

朋、草加(遠藤憲一)は、当時、第一助手の松河森次から話を聞くと。
アリバイがあるだけでなく、個人的なつき合いも無かったと。
森次と同じ病院に勤めている当時の第二助手・侯小蓮(上野なつひ)から、
話を聞くのだが。器具を確認し、紛失は無かったという。

その後、当時、病院の経理担当だった寺井文蔵(小野了)から話を聞くと。
思わぬ事が浮上する。病院の経営のため、須賀との関係があったという。

敬称略



理沙“文字から繰り出される空想という推理が許されるなら”


。。。。許して良いんですか??(失笑)

ハッキリ言わせてもらうが。絶対にダメだと思います。

じゃなくても。

“も”だし。


前回も。。。いや、ハッキリ言えば、ここまでの話で、

《警視庁文書捜査官》を納得出来たのは、1回しか無いのだが。

あのね。

原作があるのも分かるけど。

《特命捜査対策室第6係》だけで、良かったんじゃ?

そもそも、今回なんて、刺し傷などの違和感を提示して、

カルテなどを分析しているつもりだろうけど。

これ、違うよね?

本当はこれ。。。“法医学者”の仕事じゃ?

それに。。。文字“250”。。。。って。。。それ。。。分析って言えるの?


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

未解決の女 警視庁文書捜査官 第5話

厚生労働省の官僚・須賀勇蔵(児玉頼信)が突然、腹部大動脈瘤破裂で死亡します。 原因は体内から見つかった「モスキートペアン」と呼ばれる小型鉗子でした。 実は、須賀は5年前に「松河総合病院」で大腸がんの手術を受けていて、その時にモスキートペアンが放置されてしまったものだとみなされます。 思わぬ形であぶり出された5年前の医療ミスが、ある未解決事件にも光を当てることになります。 ...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年05月18日(Fri) 11:21


未解決の女 警視庁文書捜査官 (第5話・2018/5/17) 感想

テレビ朝日系・『未解決の女 警視庁文書捜査官』(公式) 第5話の感想。 なお、原作の麻見和史「警視庁文書捜査官」(角川文庫/KADOKAWA)は既読。 ※[読書] 警視庁文書捜査官 (麻見 和史/著・KADOKAWA) 感想 急死した官僚・須賀(児玉頼信)の体内から手術用鉗子(かんし)が見つかり、5年前の手術の医療ミス疑惑が浮上。理沙(鈴木京香)はその...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年05月17日(Thu) 23:12


木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官...

内容厚生労働省官僚・須賀勇蔵(児玉頼信)が突然死した。解剖により、体内からモスキートペアンが発見される。5年前に手術を行っていることから、そのときに放置されたモノと思わ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年05月17日(Thu) 21:56