FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『西郷どん』第十七回

『西郷入水』
内容
井伊直弼(佐野史郎)は、己の意に背く者を次々と取り締まりはじめる。
その手は、吉之助(鈴木亮平)と月照(尾上菊之助)にもおよび、
ふたりは有村俊斎(高橋光臣)の協力を得て、薩摩へと逃亡を図り、
苦労の末、ついに西郷家に辿り着くのだった
吉之助は、月照を匿うことを弟・吉二郎(渡部豪太)らに伝える。

一方、江戸から戻った斉興(鹿賀丈史)の前に、久光(青木崇高)がいた。
久光は、亡き兄・斉彬(渡辺謙)の遺言として、
自身の子・茂久(中島来星)を藩主に、
そして自らは、その後見となることを伝えるのだった。

そのころ江戸城では、篤姫は天璋院(北川景子)となり、
新将軍の慶福あらため家茂(荒木飛羽)に、自らを母として頼るよう伝えていた。
が、家茂から、思わぬ言葉が返ってきて、天璋院を唖然とさせる。

そんななか、吉之助のもとに、正助(瑛太)がやってくる。
月照を匿うことを進言するため登城するという吉之助を、引き止める正助。
斉興が薩摩に戻ってきたことで、事情が変わったと。
すぐさま、正助は、助命嘆願書を山田(徳井優)の元へと持っていくのだった。

そして久光は、家臣らを前に、亡き兄の遺志を継ぐことを宣言しようとするが。
そこに現れた斉興が、その言葉を切り捨て。
薩摩を守るために、幕府の意思に従うと宣言し、藩の権力を握るのだった。
直後、吉之助と月照に、日向への追放を命じる。
それは、実質的な処刑を意味した。
さすがに、今回こそは。。と諦め、覚悟を決める吉之助。

だが、正助は、諦めきれず、久光の元へ。。。。

敬称略



何を描きたかったのかが、良く分からなかった前回の“逃亡劇”に比べると。

アバン込みの物語で、OP直後に、薩摩入りさせたことで、

物語が分かりやすくなった感じですね。

吉之助がどうなるか?だけですからね。

ようやく、久光、正助も、前面に出てきたし。

シッカリと人間関係を描きながら、物語を紡いでいる。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西郷どん感想メモ 17話「西郷入水」

公式サイト タイトルで、どこまで話が進むか、わかっちゃいました。わかりやすいって
[続きを読む]

昼寝の時間 | 2018年05月08日(Tue) 16:52


【西郷どん】第17回 「西郷入水」 感想

薩摩藩に生まれ、明治維新の立役者となった西郷隆盛を「愛に溢れたリーダー」として生き生きと幕末を…幕府の追っ手から逃れ、吉之助(鈴木亮平)と月…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2018年05月07日(Mon) 04:31


西郷どん 第17回「西郷入水」

厳しい追っ手から逃れるようにして目指していた薩摩に戻ってきた吉之助と月照ですが、そこは今まで過ごしていた薩摩ではなく、過去に斉興がおさめていたときのように抑えつけられた人々が物も言えない状況になっていました。 それは、久光とその子供に家督が譲られたにもかかわらず、実質斉興が権力を牛耳っていたからに他なりません。斉彬の登場でほぼ存在感をなくしていた斉興でしたが、ここに来て一気に悪役かのような恐...
[続きを読む]

あしたまにあーな | 2018年05月06日(Sun) 23:21


智者の慮は必ず利害に雑う

西郷どん第17話
[続きを読む]

半秦絆記 | 2018年05月06日(Sun) 19:58


大河ドラマ『西郷どん』第十七回

『西郷入水』内容井伊直弼(佐野史郎)は、己の意に背く者を次々と取り締まりはじめる。その手は、吉之助(鈴木亮平)と月照(尾上菊之助)にもおよび、ふたりは有村俊斎(高橋光臣...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年05月06日(Sun) 18:44