fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

木曜劇場『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第3話


『狂気の晩餐会』
内容
島を抜け出し、ファリア真海(田中泯)の莫大な資産を
手に入れた暖(ディーン・フジオカ)は、“モンテ・クリスト・真海”となる。
真海は、自分を陥れた者たちへの復讐へと動き出すのだった。

そんなある日、真海は、カヤックで遭難しそうになっていた
江田愛梨(桜井ユキ)と南条明日花(鎌田英怜奈)を
執事の土屋慈(三浦誠己)とともに助ける。
立ち去ろうとしていると愛梨から、明日花の家に寄って欲しいと頼まれる。
明日花の家は、大きな屋敷。しばらくすると幸男(大倉忠義)が帰ってくる。
俳優をする幸男のマネージャーだという愛梨は、幸男に説明。
幸男は、真海に感謝を伝えるのだった。そこにすみれ(山本美月)が帰ってくる。
有名な料理研究家になっていたすみれ。
世界的な投資家と知った幸男とすみれは、日本に来た理由を真海に尋ねる。
真海は、夢をかなえるため。。。。と伝えた上で、
別荘で開くホームパーティーに2人を招待するのだった。

別荘に戻った真海。そこに神楽(新井浩文)が秘書・牛山と現れる。
別荘は、神楽から買い取った物だった。
そして真海は、神楽と、妻・留美(稲森いずみ)をホームパーティーに招待する。

そんななか真海は、入間(高橋克典)の妻・瑛理奈(山口紗弥加)に接近し。。。

敬称略




脚本は、黒岩勉さん
演出は、西谷弘さん



もうすでに、手遅れなのだが。

前回も書いたが。。。復讐劇なのは、知っていることなのだ。

原作がどうかとかそういうのじゃなく。

番宣、公式HPなどを見れば、分かること。


そう、だからこそ、今回が初回なら、良かっただろうに。

目的なんて、後出しじゃんけんで十分だからだ。

先ずは、視聴者が期待しているモノで見せて魅せる。

そういうことである。


実際問題。物語にとって、重要なのは“今”であり。

目的は、主人公にとっての“過去”なのだ。

もちろん、両方があって、成立するのは確かだけど。

よくよく見れば分かるが。“過去”は、初回のみ。

俳優の。。。主演俳優の演技だけで、十分成立するのである。

それこそ。

視聴者が、いったい、なぜ?と感じた時に。

過去は表現すれば良かっただけなのだ。

どうせ、過去の陰謀についても、小出しで表現するだろうし。


数年前に、同局で放送された《リスクの神様》なんて、良い例じゃ?

今回の土屋の話の表現法こそが、普通じゃ無かったのかな?


引っ張りすぎはダメだけど。

初回から、もっと上手くやっていれば。。。。。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 第3話

ある日、江田愛梨(桜井ユキ)と南条明日花(鎌田英怜奈)が2人乗りのシーカヤックで遊んでいると、誤ってパドルを落としてしまいます。 手で漕いで浜に戻ろうとしますが、潮の流れが悪く、なかなか戻れないでいました。 その時、クルーザーが近くを通り過ぎて、愛梨と明日花が助けを求めると、クルーザーが戻って来ます。 乗っていた真海(ディーン・フジオカ)と秘書・土屋(三浦誠己)は愛梨たちを...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年05月04日(Fri) 14:08


木曜劇場『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復...

『狂気の晩餐会』内容島を抜け出し、ファリア真海(田中泯)の莫大な資産を手に入れた暖(ディーン・フジオカ)は、“モンテ・クリスト・真海”となる。真海は、自分を陥れた者たち...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年05月03日(Thu) 22:53