FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

特捜9 第4話


「床下の白骨死体」
内容
家のリフォーム中の大工・村田肇(伊東孝明)、山川高志が、
ライター三好加奈子(松岡由美)の自宅床下から白骨遺体を発見する。
臨場した浅輪(井ノ原快彦)たち特捜班。
鑑識の猪狩(伊東四朗)の話では、白骨の状態から死後5年以上。男性だと。
腕時計、ベルトのバックルの一部などは見つかったというが、
身元が分かるモノは何も見つからないと。土の中から浅輪は、蝋を見つける。

一方、村瀬(津田寛治)小宮山(羽田美智子)が、加奈子から事情を聞くと。
自分が生まれた年に、両親が新居を建て、引っ越してきたという。
母・節子(阪上和子)は亡くなり、父・泰三(小松政夫)は、認知症を患い、
グループホームに入居しているということだった。
両親が犯罪を犯すはずが無いと言う加奈子。父は元警官だという。

三好泰三の名前を聞き、猪狩は懐かしさを感じる。
かつて同じ所轄で勤務していたのだ。
早速、猪狩とともに、施設へ向かう浅輪と新藤(山田裕貴)
職員の対馬遙香(沢井美優)の話では幻聴幻覚を見る認知症だと言うことだった。
リフォームのことを伝えたところ。。。泰三は、ダメだと取り乱しはじめる。

そんななか、7年前にシロアリ駆除を行っていたことが分かり、
領収書を元に、浅輪たちが訪ねるが、領収書は偽造。業者のものでは無かった。
加奈子達が、シロアリ詐欺に引っかかった可能性が浮上。

そのころ青柳(吹越満)は、あるモノを見つけ矢沢(田口浩正)とともに。。。

その後、浅輪たちから事件の概要を聞いた宗方(寺尾聰)が、
泰三のいる施設を訪ねると、偶然、泰三に呼ばれた猪狩と出くわす。
泰三は、宗方と猪狩に。。。。。

やがて前科者リストなどから、中原通(西興一朗)が浮上するが、
当時の仲間・野村堅太から、思わぬことがわかる。

敬称略


脚本は、岡崎由紀子さん

監督は、田村孝蔵さん


脚本が違うからか、今回は、宗方が、ちょっと活躍してますね。

まあ、こう言うのもアリだろう。

いやむしろ、今まで、あまりキャラが見えているようで、見えていなかったので。

キャラを見せるのは、ちょうど良いかな。

今回のゲストだけで無く、猪狩とも関係があるのが、ハッキリしたし。

意外と人脈が広そうである。


そこはともかく。

もの凄い捻り方ですね。

妙なフラグがいくつかあったので、一瞬。。。アレ?とは思ったのだが。

結局、そうだったんた。。。。って感じだ。

ミスリードも多くて、楽しかったと思います。


ってか、今回のゲストからすると。。。。ほんとなら伊東孝明さんじゃ?(笑)

なのに。。。。フラグが入った瞬間、違うんだ。。。。と分かりましたが。

そう。今回は、良い人。


話の展開で、ちょっと、偶然が過ぎる部分も多いけど、

面白かったので、okでしょう。

今回は、浅輪だったけど。。。。昔なら加納係長が見つけた遺留品だよね。

浅輪も出世したものである。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「特捜9」第4話

妻が残したメモ。 計画停電の夜。 第4話『床下の白骨死体』ネタバレです。 レビー小体型認知症がよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)小阪 憲司 講談社 by G-Tools
[続きを読む]

三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ | 2018年05月04日(Fri) 00:12


特捜9 第4話

「床下の白骨死体」内容家のリフォーム中の大工・村田肇(伊東孝明)、山川高志が、ライター三好加奈子(松岡由美)の自宅床下から白骨遺体を発見する。臨場した浅輪(井ノ原快彦)...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年05月02日(Wed) 21:57