FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

日曜劇場『ブラックペアン』第2話

『手術はバクチ!?悪魔の手に身を委ねた夫婦』
「手術はバクチ!生きるか死ぬか!?極限を超えたオペ室」 
内容
高階(小泉孝太郎)により行われた日本初の“スナイプ”手術は、
手術後にトラブルが発生。
世良(竹内涼真)の懇願で、渡海(二宮和也)が手術し、患者の命は救われた。
それにより、東城大での立場が危うくなる高階だったが、
高階をあざ笑う医師たちを渡海は一蹴する。

そんななか、患者が他の病院から患者・小山兼人(島田洋七)が転送されてくる。
緊急手術を行う必要があったが、当直は、世良だけ。
手術室へ向かう世良。。。すでに渡海が手術を行っていた。
すると。。。「やめた。自分でやれよ」と渡海は、世良に任せてしまう。
練習どおり、世良の処置で無事終了かと思われたが、出血。
再び渡海が、世良の後処理を行うのだった。
「人、ひとり殺したな。あ。ごめん、2人目か」と。

翌日。仕事のために退院しようとする小山。
一時的処置のため再手術が必要だと世良が説明するが、納得せず。
だが渡海は、退院しても死ぬ。入院していても死ぬことがあると。
手術は博打だと告げる。

結局、小山は再手術を決断するが。
佐伯(内野聖陽)の手術は順番待ちで、スケジュールは2ヶ月埋まっていた。
しかしすぐに手術しなければ、命の保証は出来ず。
高階が、スナイプ手術を提案する。それを聞いた佐伯は、ある条件をつける。
誰でも出来るならば、高階以外が行うこと。。。

敬称略



俳優が。。。とかいうのは、横に置いておくが。

ドラマ自体は、面白いんだけどね。

やはり引っかかるのは、2つ。


ひとつは、スタッフが作ってきた作品と匂いが似てしまっているコト。

仕方ないと言えば、そこまでだけどね。

多少、雰囲気が違うから。。。。まだマシ。。。その程度である。


で、もうひとつは、今回自体の話の問題。

いろいろなコトは盛りこんでいるが。

“スナイプ”という単語が出た時点で、「同じパターン」と感じてしまった。


だって、トラブル発生して、主人公が助けて。。。でしょ?

完全にワンパターン。

それ、面白いと言えるだろうか?


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラックペアン 第2話

高階(小泉孝太郎)は、最新の医療用機器・スナイプで手術をした患者の術後トラブルで、2例目の手術ができずにいました。 一方、世良(竹内涼真)は、医師として思い描いていた姿と、現在の不甲斐ない自分とのギャップに落ち込みます。 そんな中、小山(島田洋七)という急病の患者が運ばれて来ます。 渡海(二宮和也)の手術で一命を取り留めますが、僧帽弁置換手術を行う必要がありました。 ...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年04月30日(Mon) 13:41


ブラックペアン (第2話/25分拡大スペシャル・2018/4/29) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『ブラックペアン』(公式) 第2話/25分拡大スペシャル『手術はバクチ!?悪魔の手に身を委ねた夫婦』の感想。 なお、原作の海堂尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)は既読。 ※[読書] ブラックペアン1988 新装版 (海堂 尊/著・講談社) 感想 渡海(二宮和也)は緊急搬送された小山(島田洋七)の手術に臨む。その終...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年04月30日(Mon) 04:28


日曜劇場『ブラックペアン』第2話

『手術はバクチ!?悪魔の手に身を委ねた夫婦』「手術はバクチ!生きるか死ぬか!?極限を超えたオペ室」内容高階(小泉孝太郎)により行われた日本初の“スナイプ”手術は、手術後にト...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年04月29日(Sun) 22:15