レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『西郷どん』第十五回

「殿の死」
内容
慶喜(松田翔太)が、井伊直弼(佐野史郎)に次期将軍への決意を宣言。
すぐさま吉之助(鈴木亮平)橋本左内(風間俊介)は、京へ。
近衛忠煕(国広富之)月照(尾上菊之助)の働きかけにより、
朝廷より“詔”を賜ることが出来た。
文面を読んだ月照は、その曖昧な表現に一抹の不安を感じるが、
ようやく話が進んだことに、吉之助と佐内は大喜びする。
そのころ、薩摩では、斉彬(渡辺謙)が兵の鍛錬を続けていた。

そんななか、次期将軍を慶喜にと決めた将軍・家定(又吉直樹)は、
篤姫(北川景子)と健やかな時を過ごしていたのだが、突如、病に倒れる。
病床に伏せる家定に井伊直弼が接近しはじめ、ついに大老職に。
直弼は、家定に一任されたと、アメリカとの条約の締結と、
次期将軍を紀州・慶福と決めてしまう。
不審なものを感じる篤姫であったが、
近習も直弼に任せるという言葉を耳にしていたため、何も出来なかった。

思わぬ事態に吉之助は、急ぎ薩摩へ。子細を斉彬に報告する。
斉彬は“夢はくだけた”と落胆。吉之助のお庭方の役目を解いてしまう。
為すすべ無く落ち込む吉之助に、正助(瑛太)は叱りつける。

敬称略


今回の描写を考えると、

前回がイレギュラーだったのかな?

前回だけが、主人公のキャラが違いましたからね。


今回の後半からならば、納得出来たのになぁ。。。(笑)

まあ、そもそも、正助の言葉にしても、

確かに、その通りではあるのだが。

今作の描写は、いろいろと描きすぎて、強調出来ていませんでしたからね。

で。。。あの“特別編”で、話の腰を折り。。。。。


描いているコトは、面白いんだけどね。

でも、“連ドラ”として見れば、繋がりを感じ無かったり。

主人公のキャラ描写も中途半端だったり。。。と。。。穴も多い(苦笑)

結構、惜しいんだけどね。

妙なところにこだわるからね。。。。この作者。

それが、良い方向に向いてくれれば抜群。逆だとモヤモヤ。


今回から、ほんとうに面白くなっていく。。と信じたいですね。




関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西郷どん感想メモ 15話「殿の死」

公式サイト タイトルの「殿の死」・・・やっぱり家定だけでなく、斉彬を掛けていたん
[続きを読む]

昼寝の時間 | 2018年04月24日(Tue) 16:47


西郷どん 第15話「殿の死」

大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第15回「殿の死」 あらすじ・・・・・・・
[続きを読む]

みはいる・BのB | 2018年04月23日(Mon) 16:07


西郷どん「殿の死」

それにしても、この大河、心の準備してる以上に「突然」人が亡くなりますねぇ将軍家定(又吉直樹)しかり。斉彬(渡辺謙)しかり。できれば、篤姫(北川景子)は、もっと、家定とのラブラブぶりを描いて欲しかったような… お似合いだっただけに、惜しいっ!そして、最後の書状が、柿の絵とな? 明らかに、篤姫へのラブレターですよね。しかし、肚に一物ある者は曲解するする。井伊直弼(佐野史郎)が大老職に就き、次期将...
[続きを読む]

のほほん便り | 2018年04月23日(Mon) 08:48


【西郷どん】第15回 「殿の死」 感想

…大河ドラマ「西郷どん」のあらすじ・感想。薩摩藩に生まれ、明治維新の立役者となった西郷隆盛を「愛に溢れたリーダー」として生き生きと幕末を描く…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2018年04月23日(Mon) 04:37


大河ドラマ『西郷どん』第十五回

「殿の死」内容慶喜(松田翔太)が、井伊直弼(佐野史郎)に次期将軍への決意を宣言。すぐさま吉之助(鈴木亮平)橋本左内(風間俊介)は、京へ。近衛忠煕(国広富之)月照(尾上菊...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年04月22日(Sun) 18:44