FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

木曜劇場『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』第1話


『男たちの嫉妬と罠』
内容
目黒すみれ(山本美月)にプロポーズした柴門暖(ディーン・フジオカ)
ふたりは結婚する事になるが、その直後、暖が乗った遠洋漁船が遭難する。
すみれや、社長の森尾英一朗(木下ほうか)たちは、心配するが。。。。
数週間後、船が帰ってくる。しかし船長だけが死亡。
暖たちの生還に、喜ぶすみれたち。
するとそこに刑事の入間(高橋克典)が現れ。。。

敬称略


脚本は、黒岩勉さん

演出は、西谷弘さん


原作は。。。。知っているんだけど。

正直なところ。

なるほど。と感じる部分もあるが。

あれ?って感じる部分もある。

それが、正直な感想だ。


まあ、こういう作品なので、仕方あるまい。

細かい事を気にせずに、視聴することに。


で。。。。思ったのだ。

確かに、描こうとしているのは見えている。

理解している。

ただなんていうか、あまりにドラマ過ぎる。。。って言えば良いかな。

ドラマなのは分かっているのだけど、

妙に嘘くさい雰囲気が漂いすぎている。。。っていうほうが正確か。

いや、リアルさが感じられないと言う方が、良いだろうか。


もうちょっと抑え気味の方が、良かったような気がする。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 第1話

2003年の春、小さな漁師町の水産業社に就職し、遠洋漁業の船員として働く柴門暖(ディーン・フジオカ)は、同じ町で喫茶店を経営する、目黒すみれ(山本美月)と結婚することになります。 幸せの絶頂にいましたが、暖の乗る船が遭難してしまい、すみれは暖の帰還を信じて、水産業社の社長・守尾英一朗(木下ほうか)や、怪我で漁に出られなかった船員・神楽清(新井浩文)たちも無事を願っていました。 そ...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年04月20日(Fri) 15:34


モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー 第1話

恋人のすみれ(山本美月)との結婚を間近に控えた漁師の暖(ディーン・フジオカ)らが乗り込んだ遠洋漁船が遭難。数週間後、けがで亡くなった船長のバラジ(ベヘナム)に代わって、暖が船員を率いて奇跡的に帰港する。退院した暖は、その技術と人柄を認められ、先輩の神楽(新井浩文)を差し置いて次期船長に選ばれる。数日後、バラジに託された手紙を届けるため東京に向かう予定だった暖を、刑事の入間(高橋克典)が訪ねて...
[続きを読む]

西風随想 | 2018年04月20日(Fri) 10:29


モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― (第1話/初回15分拡大・2018/4/19) 感想

フジテレビ系・木曜劇場『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(公式) 第1話/初回15分拡大『冤罪で地獄に落とされた男』の感想。 なお、原作のアレクサンドル・デュマ「モンテ・クリスト伯」(小説)は未読。 恋人のすみれ(山本美月)との結婚を間近に控えた漁師の暖(ディーン・フジオカ)らが乗り込んだ遠洋漁船が遭難。数週間後、けがで亡くなった船長のバラジ(ベヘ...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年04月20日(Fri) 09:06


モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-「冤罪で地獄に落とされた男」

原作は、アレクサンドル・デュマの超有名な、復讐痛快劇珍しく、高橋克典がブラックな役柄結婚式という人生の晴れ舞台から、ハメられて、奈落の底へ。願わくば、もう少し、地団駄、のち痛快ワクワク要素が予感できればなぁ、と、ちょっと原作から離れすぎてる気がしたのでした。     (ストーリー)2003年春。小さな漁師町で漁業を営む柴門暖(ディーン・フジオカ)は同じ町で喫茶店『シンドバッド』を経営する目黒...
[続きを読む]

のほほん便り | 2018年04月20日(Fri) 08:50


木曜劇場『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復...

『男たちの嫉妬と罠』内容目黒すみれ(山本美月)にプロポーズした柴門暖(ディーン・フジオカ)ふたりは結婚する事になるが、その直後、暖が乗った遠洋漁船が遭難する。すみれや、...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年04月19日(Thu) 23:04