FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

FINAL CUT 第7話

『真犯人はそこにいた!ついに一線を越える夜SP』
「真犯人はそこにいた…一線を越えた夜!」
内容
雪子(栗山千明)に呼び出された慶介(亀梨和也)は、
12年前の事件で犯人扱いされた恭子(裕木奈江)の息子であると告げる。
そして雪子の兄・小河原祥太こそ、真犯人と推測し、
調べるために、雪子、若葉(橋本環奈)に接近していたことを雪子に伝える。
母が目撃した証言がもみ消されてしまったことも。

一方で、慶介が警察官だったと知り、百々瀬(藤木直人)は、
井出(杉本哲太)らに慶介の調査を命じる。

時間がないと感じた慶介は、小河原達夫(升毅)をターゲットに定め、
大地(高木雄也)の協力で、相談客として接近する。

そのころ、高田(佐々木蔵之介)は、12年前の事件の被害者宅に立ち寄り、
被害者の母・幸子から、取材が来るようになったと知らされる。。
直後、慶介は、高田から注意される。先走るなと忠告したはずだと。

同じ頃、雪子は、慶介のことを若葉に伝えていた。兄・祥太を疑っていると。
すると若葉は、慶介に対して。。。。

そんななか達夫が、芳賀刑事部長(鶴見辰吾)に接近。
大地が監視していたのだが。。。。

敬称略



脚本は、金子ありささん

演出は、三宅喜重さん


実は、今回、話の展開でかなり気になったことがある。

それは、主人公が、“FINALCUT”を使ったこと。

そもそも。。。いろいろなところにリークしていることは掴んでいるわけで。

当然、素性を知っていてもおかしくないのだ。手口も。

それに、すでに、この手が使えないことは、百々瀬により証明済み。

こうなると、なぜ使ったのかが、全く分からない。

じゃなくても、

“上”へ“上”へと進んで行っているわけで。

敵が強くなるのは、ヒーローモノを見ている子供でも分かることだ。

実際、刑事部長は情報を得ているし。。。。

展開に違和感が有り過ぎる。

タイトルなのも分かるが、

使わなくても、良かった気がする。

だって、その後、利用しなければ、脅迫する意味が全く無いからだ。


話しが面白く動き出しただけに、

モッタイナイ事をしましたね。


関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FINAL CUT 第7話

雪子(栗山千明)に呼び出された慶介(亀梨和也)は、本名を明かし、母・恭子(裕木奈江)が犯人扱いされた12年前の真犯人と思われる、雪子と若菜(橋本環奈)の兄・祥太の行方を突き止めるため、近付いたことを打ち明けます。 しかし、雪子は「あの日、兄は家にいた」と言い返し、慶介の言葉に耳を貸そうとはしませんでした。 一方、慶介が警察官だと知った百々瀬(藤木直人)、井出(杉本哲太)、久美子(...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2018年02月28日(Wed) 13:40


FINAL CUT (第7話/20分拡大SP・2018/2/27) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『FINAL CUT』(公式) 第7話/20分拡大スペシャル『真犯人はそこにいた…一線を越えた夜!』の感想。 自分たちを脅していたのが警察官と知った井出(杉本哲太)らは、形勢逆転を狙って慶介(亀梨和也)の身辺を徹底取材。スタッフに職場にまで押し掛けられた慶介は、井出らの邪魔が入る前に決着をつけたい。そんな中、慶介は「ザ・プ...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2018年02月28日(Wed) 08:22


FINAL CUT 「真犯人はそこにいた…一線を越えた夜!」

テレビ番組『ザ・プレミアワイド』、司会者の百々瀬(藤木直人)が陣頭指揮をとり、「これは、美味しいネタだ」と判断、慶介が警察官だと知った百々瀬、井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は早々に慶介の身元や経歴を調べ上げ、慶介の前に現れます。また、雪子(栗山千明)に呼び出された慶介は、ついに本名を明かし、母が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を突き止め...
[続きを読む]

のほほん便り | 2018年02月28日(Wed) 07:52


FINAL CUT 第7話

『真犯人はそこにいた!ついに一線を越える夜SP』「真犯人はそこにいた…一線を越えた夜!」内容雪子(栗山千明)に呼び出された慶介(亀梨和也)は、12年前の事件で犯人扱いされた...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年02月27日(Tue) 22:13