FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

大河ドラマ『西郷どん』第六回


「謎の漂流者」
内容
御前相撲で斉彬(渡辺謙)を投げ飛ばしてしまった吉之助(鈴木亮平)は、
投獄されてしまう。
糸(黒木華)らが吉之助の身を心配する中、
その牢で、吉之助はメリケンの言葉を話す奇妙な男(劇団ひとり)と出会う。
吉之助が話しかけても、何も話そうとしない男。

数日後、吉兵衛(風間杜夫)が、吉之助のことを心配していると、
そこに男を背負って吉之助が帰ってくる。ワケが分からない一同だったが大喜び。
連れてきた男は、言葉が通じるようで通じない状態の男だったが、
満佐(松坂慶子)が、優しく話しかけると、男は“ジョン・マン”と名乗る。
そして正助(瑛太)が、父の残したメリケン語の覚え書きを使い、
メリケン語と日本語を混ぜて、皆、信用できる人たちだと説明する。
吉之助は正助に、斉彬の側近・山田為久(徳井優)より密命を帯びていると告白。
男は、謎の密入国者だということ。素性を探るよう言われているという。。
その後、吉之助らが説得を続けたところ、ようやく、土佐の男と判明。
母に会うために、日本に戻ってきたと吉之助に伝えるのだった。

事情を知った斉彬は。。。。

敬称略



ちょっと、強引な印象も無くは無いが。

まぁ。。。ジョン万次郎については、事実が存在しますので。

上手く利用した話しだと言って良いかな。


ドラマだからと、無理して“未来の英雄”と呼ばれる人たちを、

あの手この手で、強引に盛りこむよりは、説得力が有ります。

このあたりは、やはり西郷隆盛を主人公に選んだ甲斐があると言うモノものだ。

“歴史ドラマ”とは、

こういう部分。。。事実を上手く織り交ぜて見せて魅せることが、面白味。

今作が、虚実を上手く織り交ぜて、物語をつくり上げようとしている事が、

今回のエピソードで、よく分かりました。


相変わらず、こういう作品が初見だと、いろいろと難解な部分は存在しますが。

それでも、“大河ドラマ”として、

かなり頑張っていると思います。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西郷どん感想メモ 6話「謎の漂流者」

公式サイト ああ、吉之助が牢屋に入れられたのは、お殿様を投げ飛ばした、というアナ
[続きを読む]

昼寝の時間 | 2018年02月14日(Wed) 16:36


西郷どん 第6回「謎の漂流者」

前回、御前相撲で優勝し斉彬も破ってしまった吉之助は牢屋に入れられるところから物語は始まります。牢屋の中で出会ったのが今回の中心人物である謎の漂流者。初めのオープニングロールでも「謎の漂流者」と書かれていたのですが、劇団ひとりが登場するとなんだかそれだけでウキウキしてしまうから不思議です。 なにかやってくれるのではないかと思っていたのですが、結果的に彼はジョン万次郎でした。そのセンセーショナル...
[続きを読む]

あしたまにあーな | 2018年02月12日(Mon) 21:11


西郷どん「謎の漂流者」

素朴な疑問。謎の漂流者(劇団ひとり)、ジョン万次郎は後半は流暢な日本語(土佐弁)を喋れたのに、牢の中や、吉之助(鈴木亮平)の実家に連れ帰った当初は、どうして、喋れないふりをしてたのでしょうね。ちょっと謎…藩主・斉彬(渡辺謙)、投げ飛ばした罪で投獄と称して、ジョン万次郎のことを知りたかったのですね。これは、脱獄した吉之助と、吉之助ファミリーの努力の結果と人情に思われて。(特に、母・松坂慶子)功...
[続きを読む]

のほほん便り | 2018年02月12日(Mon) 08:33


【西郷どん】第6回 「謎の漂流者」 感想

大河ドラマ「西郷どん」のあらすじ・感想。薩摩藩に生まれ、明治維新の立役者となった西郷隆盛を「愛に溢れたリーダー」として生き生きと幕末を描く。主…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2018年02月12日(Mon) 00:12


お隣さんが本音吐きよった

西郷どん第六話
[続きを読む]

半秦絆記 | 2018年02月11日(Sun) 20:21


大河ドラマ『西郷どん』第六回

「謎の漂流者」内容御前相撲で斉彬(渡辺謙)を投げ飛ばしてしまった吉之助(鈴木亮平)は、投獄されてしまう。糸(黒木華)らが吉之助の身を心配する中、その牢で、吉之助はメリケ...
[続きを読む]

レベル999のマニアな講義 | 2018年02月11日(Sun) 18:41