FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

火曜ドラマ『監獄のお姫さま』第6話


内容
板橋吾郎(伊勢谷友介)により、勇介が連れて行かれ、愕然とするしのぶ(夏帆)
カヨ(小泉今日子)たちも“勇介ロス”に陥ってしまう。
しばらくして、
勇介が、吾郎の恋人・西川晴海(乙葉)のもとで育てられていると知る。
憤りを感じるカヨたち。
そんなとき、慰問コンサートが開かれる。

敬称略


演出は、金子文紀さん


もう登場しないと思っていた“小しゃぶ”さんが。。。。

また、伊勢谷友介さんが登場してるし(笑)


そこはともかく。

今回の話。進んでいるようで進んでませんよね。

劇中の時間も。

全体的に楽しいので、不満は少ないけど。

ちょっと、テンポが悪かったかな。


個人的に、気になったのは、“先生”の出番が多さ。

そこが、気になって気になって。

きっと、変化していく姿を表現したのでしょうけどね。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

監獄のお姫さま 第6話

2014年、女子刑務所では、しのぶ(夏帆)が勇介との別れの日を迎えていました。 しのぶは母・民世(筒井真理子)に勇介を託したはずでしたが、車には吾郎(伊勢谷友介)が同乗していました。 上手く、しのぶの母親を丸め込んで、子供を奪い取った模様です。 一方、勇介がいない寂しさに苦しむカヨ(小泉今日子)、洋子(坂井真紀)、明美(森下愛子)、千夏(菅野美穂)は、しのぶを元気づけるため...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2017年11月22日(Wed) 12:11


監獄のお姫さま 「決意と結束」

監獄の中は、母親の しのぶ (夏帆)のみならず「ゆうすけちゃんロス」親子モノをやってる、テレビのチャンネルを変えると、またまた母子モノで、再度挑戦すると、泥沼シリーズになってたのが可笑しかったです。カヨ (小泉今日子)、カットモデルで、角刈り、何個作ってまんねん。面会に来た息子との噛み合わない会話と、手紙の思いやりにジーーーーーン見せ場は、慰問にやってきた、前川清とキョンキョンのデュエット。...
[続きを読む]

のほほん便り | 2017年11月22日(Wed) 08:10


【監獄のお姫さま】第6話 感想

ウチらの苦労、無駄にしたんだよ。分かる?ここは帰ってくる場所じゃないの。出ていく場所!「ただいま」 も聞きたくないし、「おかえり」 も言いたくないの…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2017年11月22日(Wed) 05:07


火曜ドラマ『監獄のお姫さま』第6話

内容板橋吾郎(伊勢谷友介)により、勇介が連れて行かれ、愕然とするしのぶ(夏帆)カヨ(小泉今日子)たちも“勇介ロス”に陥ってしまう。しばらくして、勇介が、吾郎の恋人・西川晴海(乙葉)のもとで育てられていると知る。憤りを感じるカヨたち。そんなとき、慰問コンサートが開かれる。 敬称略 演出は、金子文紀さん もう登場しないと思っていた...
[続きを読む]

レベル999のgoo部屋 | 2017年11月21日(Tue) 22:53