FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

連続テレビ小説『わろてんか』第43回

「笑売の道」
内容
文鳥師匠の出演をきっかけに、太夫元の寺ギン(兵動大樹)が
芸人を出してくれることになり、“風鳥亭”は芸人を確保出来ることに。
しかし客足は順調で売り上げはあっても、取り分の問題で、もうけがあまり出ず。
てん(葵わかな)藤吉(松坂桃李)らの生活は、、
母・啄子(鈴木京香)の内職に頼っていた。
もう少し客足を。。と考え、亀井(内場勝則)が。。。。

敬称略

↑どうかんがえても、そんな感じだよね。

あ。。。後半ね。


啄子の内職に頼って、生活をしているだけ。

っていうか。

啄子は、針仕事をしているのに、

頭を抱えているだけの主人公と藤吉という映像を見せて。

不快感を感じない方が、オカシイだろ!!

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続テレビ小説『わろてんか』第43回

「笑売の道」内容文鳥師匠の出演をきっかけに、太夫元の寺ギン(兵動大樹)が芸人を出してくれることになり、“風鳥亭”は芸人を確保出来ることに。しかし客足は順調で売り上げはあっても、取り分の問題で、もうけがあまり出ず。てん(葵わかな)藤吉(松坂桃李)らの生活は、、母・啄子(鈴木京香)の内職に頼っていた。もう少し客足を。。と考え、亀井(内場勝則)が。。。。 敬称略 ...
[続きを読む]

レベル999のgoo部屋 | 2017年11月20日(Mon) 07:50