レベル999のFC2部屋

木曜劇場『刑事ゆがみ』第5話

内容
勉強会で詐欺師マリッチ(リリー・フランキー)と対峙する羽生(神木隆之介)
が、翻弄されてしまう羽生。代わった弓神(浅野忠信)は。。。。

そんな中、花道署から誘拐事件の捜査協力の要請がある。
誘拐されたのは、宇津巻真利奈(後藤由依良)
母・京子(板谷由夏)の父は、前市長であり。父・誠治(丸山智己)は市会議員。
要請があった理由というのは、現場にカタツムリのマークが残されていたのだ。
7年前、花道署管内で起きた殺人事件“ロイコ事件”でもカタツムリのマーク。
その特異な事件は、ベストセラー小説となったのだが。
犯人は、その作者、横島不二実だった。逮捕前に自殺したが。
当時、捜査にあたり、犯人を追いつめたのが弓神だった。

弓神は、羽生を騙して、ヒズミ(山本美月)をマークさせて、
ひとりで、宇津巻の家へと向かう。そこには、旧知の久松(木下ほうか)刑事も。
当時、小説“ロイコ”を発禁禁止運動の先頭に立っていたのが、
前市長の宇津巻喜平だということ。

そのころ、ヒズミを監視していた羽生だったが。
テレビで事件の報道が流れると、ヒズミは店から飛びだしていき。。。

その後、犯人からの指示で、身代金の受け渡しが、
マスコミによる監視の中で行われる事に。
が、弓神は、違和感を感じ始める。。。。

そんななか、誠治が議会で追及していた対立関係の菰野源三郎(品川徹)から、
思わぬ情報がもたらされる。誠治が、秘書の音島カレンと関係があると。

敬称略

 

脚本は、池上純哉さん

演出は、西谷弘さん

 


今までで、一番、弓神が。。。。変態。。。いや変人でしたね。

まあ、特徴があると言うべきか(笑)


その一方で、羽生も、シッカリと表現されているし。

詐欺師のくだりからの流れが、絶妙ですね。


意外と秀逸なのは、羽生の調査、捜査をアッサリ目にしたこと。

当然だ。重要なのは情報でアリ、設定だけだからだ。

丁寧にする必要のないところは、アッサリ。

でも、その情報があるため、羽生と弓神の関係も描くことが出来る。


単純なことですが。

かなり王道の演出だ。

描いているコト。。。。特に弓神は。。。いろいろ凄いけどね。


完成度を上げてきた感じだね。

脚本のおかげかな。

 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

刑事ゆがみ 第5話

羽生(神木隆之介)は、現役の詐欺師(リリー・フランキー)との対面でピュアだと診断されていましたが、弓神(浅野忠信)だけはお手上げだと言われていましたw 弓神と羽生は、市議会議員・宇津巻誠治(丸山智己)・京子(板谷由夏)夫妻の一人娘・真利奈(後藤田由依良)が誘拐された事件の捜査に協力することになります。 京子は前市長の娘で、誠治は婿養子でした。 現場に残されていたカタツムリの...
[続きを読む]

ぷち丸くんの日常日記 | 2017年11月10日(Fri) 13:14


【刑事ゆがみ】第5話 感想

弱みを握られたくないから。嫌われたくないからでしょ。とっくに嫌われてるわよ。それでも まだ家族でいたい。娘さんも大変だよ。 ねっ。こんな親の痴話ゲン…
[続きを読む]

ドラマ@見とり八段 | 2017年11月10日(Fri) 04:34


木曜劇場『刑事ゆがみ』第5話

内容勉強会で詐欺師マリッチ(リリー・フランキー)と対峙する羽生(神木隆之介)が、翻弄されてしまう羽生。代わった弓神(浅野忠信)は。。。。 そんな中、花道署から誘拐事件の捜査協力の要請がある。誘拐されたのは、宇津巻真利奈(後藤由依良)母・京子(板谷由夏)の父は、前市長であり。父・誠治(丸山智己)は市会議員。要請があった理由というのは、現場にカタツムリのマークが残されていたのだ。7年前、花道署...
[続きを読む]

レベル999のgoo部屋 | 2017年11月09日(Thu) 22:55