レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛 第47回 宿命の敗北

『宿命の敗北』

内容
頼朝(岡田将生)の挙兵。その一報を知った清盛(松山ケンイチ)は、
高倉上皇(千葉雄大)の名の下、孫・維盛(井之脇海)を総大将に
頼朝追討を命じる。

一方、頼朝の挙兵で、平家に不満を抱く武士たちも蜂起。各地で戦いが発生する。
石橋山の戦いで敗戦した頼朝であったが、梶原景時の温情に救われる。

そのころ、兄・頼朝の挙兵を知った義経(神木隆之介)は、
秀衡(京本政樹)に兵を借りようとするが、拒否されていた。
すると弁慶(青木崇高)が、“わが主の運試し”と力を見せつけたことで、
ようやく助力を受けた義経は、頼朝のもとへとむかうのだった。

その頼朝のもとには、平家に不満を抱く東国武士たちが集まっていく。
そして鎌倉を本拠とし軍を西へと進めようとしていた。

そんななかでも福原への遷都を押し進める清盛。
そして維盛、忠清(藤本隆宏)の討伐軍は、六波羅にいた。
はやる維盛を留めようとした忠清だったが、これを聞かず。
ついに東へと軍を進めるのだった。

やがて駿河国富士川において、両軍は対峙。

敬称略



個人的に、少し驚いてしまった。

なんていうか。。。今作らしくない“男臭さ”。。。。(笑)

まあ、仕方ないと言えば仕方ないでしょうね。

今回の戦いが、最終盤におけるメインイベントだからである。

とはいえ、ほとんど。

《平清盛》というより《源頼朝》だったけどね!!

一応、対比されているし、

過去を絡めるなど、悪くない描き方だったと思います。



楽天ブログ版
第47回 


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平清盛「宿命の敗北」

 終盤になって義朝が何度も出てくるのは、若い頃からずっと目指し続けてきたものの達成が近い(と思っている)ということと同時に、逆に清盛の老いを表現しているのではないか、と...
[続きを読む]

blog mr | 2012年12月07日(Fri) 07:23


『平清盛』第47回「宿命の敗北」★伊藤忠清(藤本隆宏)の首を刎ねようと宋剣を・・・

『平清盛』 第47回「宿命の敗北」 頼朝挙兵の知らせは奥州平泉で藤原秀衡(京本政樹)に匿われている義経(神木隆之介)の元へも届いた・・・。 『平清盛』の登場人物のデザインは基本...
[続きを読む]

世事熟視〜コソダチP | 2012年12月03日(Mon) 13:10


大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男47頼朝討伐に軍を送るも既に平家は武士じゃなくその現実に清盛は崩れるのだった

大河ドラマ「平清盛」第47話は頼朝は挙兵し各地を転戦したものの石橋山の合戦で敗走したが九死に一生を得た。その頃清盛は頼朝の挙兵に激怒し維盛を総大将として追討軍を派遣す ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2012年12月02日(Sun) 21:22


【平清盛】第47回 「宿命の敗北」感想

頼朝(岡田将生)の挙兵を知った清盛(松山ケンイチ)は、孫の維盛(井之脇海)を 総大将として追討軍を派遣。 一方、数万に膨れ上がる源氏軍は西へ兵を進め、両軍は富士川を挟ん
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年12月02日(Sun) 20:05


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。