レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BS時代劇『猿飛三世』第8回(最終回) 天の巻

『天の巻』

内容
所司代・北倉(梅沢富美男)の不正の証拠の割り符を奪った佐助(伊藤淳史)達。
だが、才蔵(細田よしひこ)さぼてん(川崎亜沙美)を救うため、
伴蔵(波岡一喜)のおとりとなった佐助。

やがて、お市(水川あさみ)梅宮(堺正章)のもとにたどり着く才蔵たちだが、
その場に佐助の姿は無かった。
無事を祈るしか無い、お市。。。お辰(浅野ゆう子)たち。。。

しばらくして、、、、秘伝の巻物に命を救われ、佐助は無事に帰還する。
涙を流すお市。

ようやく、証拠を掴んだ佐助達だったが、鬼丸(柳葉敏郎)は動かない。
時を待て。。。と。
その間、佐助は、鬼丸から、忍びの極意について学び始める。。。

そんななか、町の牢人たちが武装蜂起の準備をしているという連絡を受ける鬼丸。
「この時を待っておった。いよいよ、天の時じゃ」

敬称略



派手な銃撃だね。

血が飛び散ってるよ。

この手の演出、最後の砦だった《大河ドラマ》でも、

ほとんど、しなくなったというのに。。。。

ほんとに、驚いてしまった。



それにしても。


そっか。そういう“手”ね。

命を救われるのも定番だし、その後の展開も定番だろう。

まあ、、忍を扱ってる作品なのだから、これもアリですね。

ラストの佐助vs伴蔵も、そういう意味じゃ、かなりベタ展開。

一瞬、色々な過去の作品を思い出しましたが、それはそれ。

時代劇とは、そういうものだからである。


今回の話を見ていると、

地上波で放送されなくなったとは言え、
こういう風に、シッカリと受け継がれていくのだなぁ。。。と。

そう感じました。

細かい演出自体は、今どきの部分もたくさんあるんだけどね!

楽しい作品だったと思います。



楽天ブログ版
第8回(最終回) 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猿飛三世「天の巻」

 はぁ、人は殺さないのね。  今回も、武士のルールを活用したってことなのか、所司代に「高波藩はあきらめる」と言わせただけで完了。一筆書かせるわけでもない。  伴蔵は自決。...
[続きを読む]

blog mr | 2012年12月02日(Sun) 07:03


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。