レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛 第45回 以仁王の令旨

『以仁王の令旨』

内容
後白河法皇(松田翔太)を幽閉し、ついに国の頂に立つ清盛(松山ケンイチ)
次に自らの孫・言仁親王への譲位を高倉帝(千葉雄大)に迫り始める。
そして、朝廷の要職には棟梁となった宗盛(石黒英雄)らを就け、
政の実権を握るのだった。

一方、後白河法皇の子・以仁王(柿澤勇人)は、
養母・八条院(佐藤仁美)に自らの不遇を嘆いていた。
すると八条院は、平家の臣となっている源頼政(宇梶剛士)に接近し、
源氏としての蜂起を促し始めていた。

そのころ、伊豆では、頼朝(岡田将生)は、
義父・北条時政(遠藤憲一)より、武士たちの平家への不満を聞いていた。
「いよいよ時が迫っている」と時政は、頼朝を促していた。

同じ頃、奥州平泉・藤原秀衡(京本政樹)のもとに
義経(神木隆之介)と武蔵坊弁慶(青木崇高)が身を寄せていた。

そんななか、言仁親王が、安徳帝として即位。
清盛は、譲位した高倉上皇に、厳島への参詣を勧めはじめ。。。。

敬称略



なんていうか、

ようやく《平清盛》という感じになってきた。。。。かな。

まあ、視聴者のイメージ云々よりも
そういったイメージでしか描かれてこなかったので、

そういう意味での“ようやく”ということ。

っていうか。

結局、“ここ”なのか???という疑問があるんだけどね。

頼朝のセリフで“通らねばならぬ”という単語が入れられたので、

一過性であると言う印象を受けることも出来るのだが。


本来は、“ここ”に至るまでのアレコレを、もっと描いてこそ。

なわけであり。

そう考えると、前回から今回で“ここ”なので、

なんだか、残念でもあるわけである。



それこそ、
ココ数回だけでなく、ポイントで登場した後白河法皇を登場させるコトこそが、

無理の無い流れを作るために、必要なことだったと思います。



楽天ブログ版
第45回 


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平清盛 第45回「以仁王の令旨」★不幸が似合う仏(木村多江)を清盛がお姫様抱っこ

『平清盛』 第45回「以仁王の令旨」 武士として初めて天下の頂に君臨し、欲にまみれた清盛(松山ケンイチ)の不行跡・非行ぶりが際立ち始めています。 まだ数えで二十歳の高倉天
[続きを読む]

世事熟視〜コソダチP | 2012年11月19日(Mon) 13:20


大河ドラマ「平清盛」 #45 以仁王の令旨

ついに本格的に「打倒平家」動きが。
[続きを読む]

雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2012年11月18日(Sun) 20:52


【平清盛】第45回 「以仁王の令旨」感想

この国の頂に立った清盛(松山ケンイチ)は強引に高倉天皇(千葉雄大)を譲位させ、 我が孫を安徳天皇として即位させる。 後白河法皇(松田翔太)の子・以仁王(柿澤勇人)は源頼
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年11月18日(Sun) 19:59


大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男45清盛の横暴政治に以仁王は全国に平家打倒の追討命令を発令し反平家の狼煙が上がった

大河ドラマ「平清盛」第45話は後白河法皇を幽閉した清盛は自らの権力で高倉天皇を譲位させ安徳天皇を即位させた。その横暴に以仁王は源頼政に武力決起するように訴えるが動かな ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2012年11月18日(Sun) 19:49


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。