レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BS時代劇『猿飛三世』第6回 同の巻

『同の巻』

内容
京都所司代・北倉(梅沢富美男)と伴蔵(波岡一喜)の策略で、
主膳(堺正章)の娘・お市(水川あさみ)が輿入れすることに。
相手は、将軍家の親戚筋に当たる前端玄蕃頭(我修院達也)
悪逆無道ぶりに命の危機を感じるお市ではあったが、
高波藩を守るため受け入れるしか無かった。

佐助(伊藤淳史)は、北倉の屋敷に忍び込み襲撃。
計画を覆そうと試みるが失敗。
どうにもならなくなった佐助は、徳三郎(柳葉敏郎)を頼ることにするが、
「未熟者が下手に動いたら事をさらに悪くするだけ。これ以上動くな。
 お前に出来ることは、何も無い」
と佐助を諭す徳三郎。

やがて、高波藩へ正式に婚儀の命令が下る。
為すすべの無い佐助たち。
そんなとき徳三郎が佐助の前に現れる。
「己が敵の立場なら何を思う。他人の心と自分の心を同じようすることじゃ」

そんななか長屋の蛍雪(戸田昌宏)のもとに転がり込んでくる白石という牢人。
所司代の手の者にいたぶられたようだった。憤る牢人たち。
白石の妻・小夜を捜し回るのだが、、、すでに遅かった。
前端家で奉公していた小夜は、玄蕃頭により殺されていた。

お市の命を救うため、策を考え始める佐助。
そしてついに。。。。。

敬称略


前回と繋がりがあるので、
もちろん、今回も、オカモト國ヒコさん。


まあ。。。どうやって、お市を救うか?

先週から、それだけを楽しみにして待っていた。

ほんと、ようやく。。。である。


解決のための演出は、
色々な意味で、かなりヤリスギの部分があるので、どうかと思いますが。

とはいえ、

こういう演出もまた、時代劇らしさであるのも事実。

そんな風に考えれば、
“この枠”の作風というモノも考え合わせれば、悪くは無かった。。。かな(笑)


あ。でもね。

今作では、そういった表現はしたことはありませんけど。

出来れば、“忍法~”なんていう単語でも出してもらえれば、
もっと楽しめたかもしれませんね。

やっぱり、そういうのも忍者モノの手法でしょうから。

だって、徳三郎はともかく。
お辰を含めれば、少なくとも4人も忍びがいるんですから!


楽天ブログ版
第6回 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猿飛三世「同の巻」

 今日の「同」は敵の立場になって考えろ、ということ。なんだかんだ言って父が教えている。  この七つのキーワード(つか漢字)はどういう風にして選ばれたんだろうね。語呂がい
[続きを読む]

blog mr | 2012年11月18日(Sun) 22:22


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。