レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~ 第3話

『管制官vsパイロット空を守る責任とは…

内容
空港から少し離れた駅で下車し、走り始める香織(深田恭子)
空港に近づけば近づくほど、若い女性たちが大騒ぎしていた。
海外の人気スターが、プライベートジェットでやって来るという。

プライベートジェットの誘導を始めた竹内(瀬戸朝香)は、
進路をすぐに外してしまうことを山下(瀬戸康史)に告げて、引き継ぐのだった。

管制を担当することになった山下は、プライベートジェットに指示を出していく。
無事に到着に成功したのだが、後続の旅客機から
再三のリクエストがあった風の情報を伝え遅れてしまう。
揺れながらも到着した旅客機のパイロットから、
「なんでもっと早く教えてくれなかったんだ!!」とクレームが入る。

そんななか結城(時任三郎)から
グラウンドスタッフや、コントロールの職員との交流会が開かれると報告がある。
参加する事になった香織、山下そして酒井真奈(佐々木希)

翌日、パイロット、CAなども含め交流会が開かれるのだが、
そこで山下は、昨日のパイロット西川俊一(忍成修吾)とケンカになってしまう。
止めに入った香織は、西川を見て驚きを隠せなかった。
かつて同じ空を夢みた香織、西川。。そして本上圭介(平岡祐太)
事故により本上は夢を絶たれてしまっていた。

それから数日後。西川は、山下の指示を。。。。。

敬称略



まさか“説明”を入れ込んでくるとは思いませんでした。

でも、ちょっと強引だけど、
話の中に組み込まれて、悪くは無かったかな。

その一方で、矢野&岡本らスタッフたちのやりとりも、
良い感じで回り始めていますね。

少し、オヤジギャグは、、、残念だけどね(笑)

まあ。いろいろと無駄と言えば無駄なんだけど、これが作風だから。


そこはさておき。

今回は、主人公の過去を表現しながら、
登場人物のひとり、山下の物語である。

途中で“足りないモノ”と明言するなど、
かなり分かりやすくなっていましたね。

対立の図式もベタで悪くありませんし。

変化していく過程も、かなり丁寧。

シンプルだけど、良かったと思います。


描く必要のある部分を丁寧に描き、必要の無い部分はアッサリ。

これが物語のメリハリだよね。



前回も、今回くらい丁寧に描いてくれていれば、

不満を感じずに、楽しめたでしょうに。

楽天ブログ版
第3話 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TOKYOエアポート第3話★忍成修吾vs瀬戸康史

TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜第3話 初回は『空中衝突阻止』とか人命に関わるシビア・トラブルをいかに処理するかの緊迫感がありましたけど、前回からは人間ドラマ部分に
[続きを読む]

世事熟視〜コソダチP | 2012年10月29日(Mon) 15:19


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。