レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純と愛 第23回

内容
愛(風間俊介)が実家に帰るのに、つき合う純(夏菜)
そこには、妹・誠(岡本玲)の姿があった。
そして父・謙次(堀内正美)が顔を見せると、妙な戸惑いをみせる。

愛の部屋に案内してもらった純。
すると“もう帰りませんか”と言い始める愛。
本棚に“ねむり姫”の絵本を見つけ、話をしようとするが、
そこに母・多恵子(若村麻由美)が帰宅。

「で、何の御用?言いたいことがあるなら早くして頂戴!」
家族たちが、多恵子に圧倒されているのを見る純。
愛も。。。。。

敬称略


いっそ、

“ドンヨリ”しすぎても良いから、主人公、、、愛で良かったんじゃ?


超能力家族であることは、横に置いておくとして。

ここまで、愛の家族が。。。揃いも揃って、存在感を発揮すると。

主人公。。。。完全に埋没。


楽天ブログ版
楽天ブログ版は、こちら

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連続怪奇ドラマ「純と愛」第23回★あなたは、ゴキブリみたいな人ね

連続テレビ小説「純と愛」第23回 (10月26日) 愛(風間俊介)の実家(超豪邸!)。 純(夏菜)が「愛君とおつきあいさせて頂こうと思ってる狩野です。」と父・謙次(堀内正美)に...
[続きを読む]

世事熟視〜コソダチP | 2012年10月26日(Fri) 15:05


NHK朝ドラ【純と愛】第23回 感想

純(夏菜)は愛(風間俊介)の実家にやってきた。 家には妹・誠(岡本玲)と父・謙次(堀内正美)がいる。 愛の部屋に入った純が、大量のトロフィーや難しそうな書物の中に1冊だけ
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年10月26日(Fri) 13:34


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。