レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BS時代劇『猿飛三世』第2回 忍の巻

『忍の巻』

内容
伝説の忍者“猿飛佐助”の孫・佐助(伊藤淳史)は、
助けを求めに来たお市(水川あさみ)とともに、京へと向かう。
その後、お市の父・主膳(堺正章)を、
謎の石つぶての加勢で何とか救ったモノの、
佐助は、力の無さを痛感するのだった。

その後、お市の紹介で
高波藩出入りの諸色問屋“渡海屋”番頭・徳三郎(柳葉敏郎)に
住まう長屋を世話してもらう佐助。

佐助は、その長屋で岩村蛍雪(戸田昌宏)ら浪人たちと出会うのだった。
皆、生活は苦しいようだが。。。。

そんなある日のこと、佐助は浪人たちのいさかいに巻き込まれてしまう。
長屋で親しくしてくれた千賀の。。。父・清田が、
ならず者となっている浪人たちの仲間になっていた。
何とか救いたかったが、どうしても自分を捨てた父を重ね、出来なかった。
お市に諭されるが。。。。佐助は「余計なこと」と拒否。
すると、ひとり説得に向かったお市が、何者かに連れ去られてしまうのだった。

悔やむ佐助。。。そこに母・お辰(浅野ゆう子)がやってくる。
「忍びの者としての覚悟は無いのか!!」

やがて、主膳が、身代金を持ち、指定の場所へと向かったと知り。。。。


敬称略


なるほど。
前回と同じパターンで描きつつも

徐々に、成長していくんだね。

まあ。。。成長物語であるのは分かっていたことだけど。

さすがに、途中まで、ヒヤヒヤしてしまいました。

“また、石つぶて?”って!


でもきっと

“そういう魅せ方”なんだろうね。

一捻り。。。ってことである。

最終的に
“忍”を解釈する佐助。

“心の上に刃を置いて生きろ。迷わず、恐れず、揺るぎない心を持て”

ってことで、かなりキレイにまとめた感じですね。


それにしても、仲間達を、どうやって加入させるかと思っていたら。

なるほどなぁ。。。って感じ。


そういえば、

最後にどうでも良いことだけど。

今回の覚醒した佐助を見ていて、
一瞬“堺正章版の孫悟空”が、頭に浮かんでしまいました。

やっぱ。サルばかりだから、、、、ワザとかな(笑)

格好良さは無いけど、頑張っているのが良く分かりますよね。

楽天ブログ版
第2回 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猿飛三世「忍の巻」

 いいなぁ、シンプルでまっすぐで。  陣鉢をつけた佐助のアクションなんか、つい体が動いちゃう。  刀を飛ばされた主膳が、鞘でうけるとこなんか、さすがマチャアキって感じで、...
[続きを読む]

blog mr | 2012年10月21日(Sun) 06:45


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。