レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛 第37回 殿下乗合事件

『殿下乗合事件』

内容
福原に移り住んだ清盛(松山ケンイチ)は、宋との貿易を本格化させようと、
大輪田泊の整備を開始する。
やがて博多より周新(桜金造)を招き、宋との仲立ちを依頼。

一方で、金などを得るため奥州の藤原秀衡(京本政樹)を、
鎮守府将軍とする画策を始める。
重盛(窪田正孝)が、朝議にかけるのだが、摂政・藤原基房(細川茂樹)は反発。
それでも、力で押し切る重盛たち平家一門。
これにより、奥州からの物品が流れ初め、宋の使者との面会の準備が整い始める。
そして最後の決め手として、後白河法皇(松田翔太)を招くことを画策。
時忠(森田剛)が法皇のもとに出向き。。。。上手く法皇の興味を惹き。。。。
ようやく、使節を招く準備が整うのだった。

そんななか、基房が、重盛の子と事件を起こす。
時子(深田恭子)をはじめ、一門は、怒りをみせるが、
重盛は、穏便に済まそうとする。

そしてついに、宋との使者との面会を果たす清盛。
が、都の騒ぎなどを伝え聞いた清盛は、
時忠に“都での務めを果たすよう”にと伝え。。。。意を理解した時忠は。。。。

敬称略



若き日の夢???

まあ、言葉の意味は理解するし、
表現していないわけではないので、そういう言葉を使うのは間違っていない。

ただ。。。

これって、その時代を含め、重要なのは確かなのです。

が。問題は

これが“主人公の夢”であることなのである。

言ってみれば、主人公の進むべき道。。。。成功物語ならば、“未来”なのだ。

そう。
絶対に、描かなくてはならないことなのである。


前述したように、描いていないわけでは無い。

某退場者との交流などもあって、それなりには描いているが。

あくまでも“それなり”

でも、ドラマであるならば、もっとシッカリと描いて欲しかったぞ!!!


武士・清盛が時代の主役となり、国をわが物とした上で、国を豊かにする。

間違いなく描かなければならなかった“夢”である。

それも。。。。。クドイほどに!!


個人的に、

今回の話自体は、前回の話と直結する話だし、
結構、面白く描けていて、納得しているのである。

でも、
この序盤のナレに、かなり引っかかってしまった。


そこはともかく。

今回の頼朝の使い方は、時間の流れなども感じさせて、
悪くなかったですね。

もう少し時間が短くても良かったカモね。


楽天ブログ版
第37回 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ 「平清盛」 #37 殿下乗合事件

清盛のあと、重盛がしきる平家。 でもいろいろゴタゴタがあるようで…。 そして藤原秀衡登場。
[続きを読む]

雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2012年09月24日(Mon) 22:30


平清盛 第37回「殿下乗合事件」★基房(細川茂樹)「お許しを〜〜」

『平清盛』第37回「殿下乗合事件」 重盛(窪田正孝)の嫡男・維盛 (これもり・大西勇哉)と次男・資盛(すけもり・大西健誠)が弓の稽古をしています。 二人とも力不足の”へなち
[続きを読む]

世事熟視〜コソダチP | 2012年09月24日(Mon) 11:49


NHK大河ドラマ『平清盛』第37回「殿下乗合事件」

今回の話、面白かったなぁ。 清盛は福原にて、後白河法皇も同席で 宋人を迎え、貿易で世の中を豊かにする目標に向かってまっしぐら。 重盛の嫡男が(つまりは清盛の孫)、摂政
[続きを読む]

よくばりアンテナ | 2012年09月23日(Sun) 21:33


大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男37清盛は後白河法皇に宋の使者と対面を実現させ基房の報復に対して報復返しで対抗し平家の力を示した

大河ドラマ「平清盛」第37話は清盛が宋との貿易を本格化させるために後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会させる事にした。後白河法皇の説得には時忠があたり珍しい物好きの後 ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2012年09月23日(Sun) 20:48


【平清盛】第37回

1170年、清盛(松山ケンイチ)は後白河法皇(松田翔太)を福原に呼び、宋人と会わせる。 治天の君が京を離れ、外国人と会うという前代未聞の行いに、貴族たちは驚がくする。 そんな
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年09月23日(Sun) 20:10


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。