レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムAGE 第49話(最終回)長き旅のおわり


『長き旅のおわり』

内容
ゼハートの戦死の報を受けたイゼルカントは、
状況の打開のためヴェイガンギアの投入を決断する。
だがそれは、不安定な要素、ゼラ・ギンスの投入をも意味した。

ゼラ・ギンスにより、翻弄されるキオ、アセム、そしてフリット。
3人の連携で、なんとか押しはじめるのだが、
そこにシドが現れ。。。。。。ゼラ・ギンスは、暴走をはじめる。

暴走は、ディグマゼノン砲の再発射を画策していたラ・グラミスにも及び、
エネルギー供給していたセカンドムーンにも影響が出始める。

そんななかフリットは、プラズマダイバーミサイルで決着をつけようと。。。






結局、

短い。。。と言っても1年なのだが。

短い時間の中に、描くことが多すぎたことが、全て。


たしかに、3世代という時代を描くことで、
オモシロ味があった部分もあるのだが。

ある程度まんべんなく描こうとしたため、
残念ながら、薄っぺらになってしまったのも事実。



最終的にフリットの

「あいつらだって、苦しいのは分かってるさ」

から、、、救世主に。。。ってことで


まあ。なんだか、キレイにまとまってるのだが。


もうちょっと、“今まで”を丁寧に描いていれば、

もっと面白かったはず。。。なんだけどなぁ。。


楽天ブログ版
第49話(最終回) 


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE最終話(9.23)

イゼルカント様の強化クローン人間ゼラ・ギンスの暴走で混乱のヴェイガンを 一気に殲滅させようとするフリットだったが、 アセム・キオの説得で遂に改心、 ヴェイガンの本拠地は崩壊...
[続きを読む]

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) | 2012年09月24日(Mon) 00:06


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。