レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛 第36回 巨人の影

『巨人の影』

内容
福原に移り住んだ清盛(松山ケンイチ)は、
延暦寺の明雲(腹筋善之介)を招き、千僧供養を執り行った。
そして嫡男・重盛(窪田正孝)に家督を譲ってしまうのだった。
その供養には後白河上皇(松田翔太)も招かれ、清盛の画策を確信していた。

一方、滋子(成海璃子)は、院号を賜り建春門院となっていた。
建春門院は、時忠(森田剛)宗盛(石黒英雄)らを招いては、酒宴を。。。

そして後白河上皇が出家し法皇となる。
それを執り行ったのは、比叡山と対立する園城寺。けん制するためだった。

そんななか成親(吉沢悠)の知行地で役人と寺社が衝突。
後白河法皇が、寺社側の者を罰したため、強訴が起きてしまう。
明雲らが向かったのは、後白河法皇のもとではなく幼少の高倉帝の内裏。
成親の流罪を訴え始めるのだった。

後白河法皇の命で朝議が開かれるのだが、喧々諤々。
すると清盛は、兵を動かすなと重盛に命じるのだった。
なすべきコトは、成親を救うことではなく、法皇に圧力をかけることだと。
葛藤する重盛。。。

動かぬ重盛らに、法皇は圧力をかけるが、重盛は動かず。
法皇は、成親を流罪にするしかなかった。
それとともに明雲らは、比叡山へと帰っていく。

その直後、法皇は、時忠を解官し流罪に、そして成親を召し返すのだった。
不穏な空気が流れ始める六波羅。


敬称略



もう少し、清盛の側近の盛国アタリが、目についていれば。

清盛の暗躍が見えて楽しかったかも知れませんが。


まあ。。。

“清盛がいないこと”が最重要ですので。

仕方ないのかも知れません。

重要性が際だちますしね!

一門の一喜一憂も描かれ、重盛の葛藤も描かれ
いやぁ。。。いい物語でした。まさに『巨人の影』である。


最も良かったのは、

いま現在の今作にとって、どうでも良いことを、
あまり盛り込んでこなかったことだ。

何を言いたいかは、、、言及しないが。

やはり“主人公”は、平清盛なのである。


楽天ブログ版
第36回 



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「平清盛」 巨人の影 ☆☆☆

清盛、剃髪して突然貫禄が出た様な。 そしてやることなすこと、息子重盛には何も説明せずに頭ごなしで命令だけして(><) わけもわからずに現場で板挟みの重盛が可哀想できれい ...
[続きを読む]

ドラマでポン | 2012年09月20日(Thu) 17:59


平清盛「巨人の影」

 まさにタイトルどおりのエピソード。  ちょっと重盛が気の毒になったり。  彼には義朝も盛国もいないからなぁ…。  雪で滑る坊さんを支える遮那王にニヤニヤ。  いや、俺には
[続きを読む]

blog mr | 2012年09月20日(Thu) 07:12


大河ドラマ 「平清盛」 #36 巨人の影

清盛がこの時代の巨人となっているということでしょうか。
[続きを読む]

雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2012年09月18日(Tue) 21:45


平清盛 第36回「巨人の影」★カリスマが無い重盛(窪田正孝)が巨人の影で‥。

『平清盛』第36回「巨人の影」 巨人はまた阪神に勝っちゃいました・・・「巨人の影」とは関係ない。 −◆− 遮那王(神木隆之介)は、母・常盤(武井咲)の言いつけを守り、熱心
[続きを読む]

世事熟視〜コソダチP | 2012年09月17日(Mon) 08:54


大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男36平家の武力無くして朝廷は動けず!清盛は平家の力が朝廷に必要な事を痛感させた

大河ドラマ「平清盛」第36話は福原に移り、重盛に棟梁の座を譲った清盛は福原で着実に都づくりに励んでいた。その頃京では後白河上皇は法皇となりその事で比叡山延暦寺は怒りを ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2012年09月16日(Sun) 21:08


【平清盛】第36回

福原に居をうつした清盛(松山ケンイチ)は、京を嫡男の重盛(窪田正孝)に任せる。 後白河上皇(松田翔太)は出家し、法皇となる。 しかし、院の近臣・成親(吉沢悠)を巡って起
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年09月16日(Sun) 20:06


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。