レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪花少年探偵団 第11話

『しのぶセンセ、最後の事件』
「プロポーズと最後の事件?!

内容
とある工場跡地で、女性の他殺死体が発見された。
死因は後頭部を強打された脳挫傷のようだが、凶器は見つからず。
所持品が無く、身元も分からなかった。

そのころ、大路小学校では、卒業式の準備が始まっていた。
しのぶ(多部未華子)のクラスも、、、もう少しで卒業。
1年前にやって来た鉄平(濱田龍臣)は、東京へ転校することに。
そんな鉄平に告白する奈々(浜辺美波)

そんななか、身元が分からなかった被害者が宮本清子と判明。
漆崎(段田安則)新藤(小池徹平)が、母・和美から事情を聞くことに。
定時制の高校に通いながら、電子部品会社で働いていたらしい。
最後に会ったのは3日ほど前。妹らのために雛祭りのケーキを買って来たと言う。

同じ頃、奈々の母・町子(笛木優子)が自宅マンションベランダから転落。
偶然、鉄平が発見し、命に別状は無かったのだが、
落ちる前後の記憶が曖昧なようで。。。。
奈々から相談を受ける鉄平。。。。。だれかに突き落とされたのかも。。。と。

事情を聞いたしのぶは、奈々の部屋に行くことに。
奈々によると部屋に鍵が掛かっていたと言うが、
見たところ、事故意外には考えにくく。。。。
それでも、鉄平、奈々は、何かオカシイと考えているようだった。

一方、漆崎、新藤は、清子の職場で聞き込みをしていた。
上司の飯塚(升毅)によると、清子はまじめな性格だったと言う。
同僚の春代は、清子が会社を辞めると言っていたと。。。

その一方で、しのぶの様子がおかしいと
母・妙子(松坂慶子)は中田教頭(小日向文世)に話を聞こうとするが、
いずれ本人から話があるだろうと、なぜか、はぐらかす中田教頭。


敬称略


今回は、吉田紀子さん


そこは良いのだ。

実際、他の2人じゃ、今回のような“事件以外”ばかりを描くのは、

さすがに。。。。なので。

次回の最終回で、何らかの決着をつけるには、
最も適切な選択だった。。。でしょうね。

良い感じで少年探偵団もくっつけているし、
それ以外にも、事件を発生させて、メインの事件と関連づけるなど

。。。。さすが東野圭吾さん!。。。と言う感じだ。

あ。このあたりは、原作だろうと言うことで、作者の名前を挙げました。


個人的には、

この世界観ならば、たまにシリアスなモノはあっても良いが、

今回くらいのネタが、ちょうど良いバランス、雰囲気だと思っています。


しのぶセンセらしさ。少年探偵団の関わり。
そして事件を絡めて、全てを繋げ合わせる!!

見事である。

最後には、まさかのしのぶセンセによるドライブ!?

事件よりも恐ろしいアトラクション!?


これもまた、今作らしさ。。。であろう。


楽天ブログ版
第11話 




関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

浪花少年探偵団「しのぶセンセ、最後の事件」

 ふむ、「うちは大路のしのぶやで」と啖呵切ってたしのぶが、別の町に行くことを決意していた、と。 「さよならだけが人生だ」。小学生に何を教えているのだ。  本間はすっぱり
[続きを読む]

blog mr | 2012年09月15日(Sat) 14:44


【浪花少年探偵団】第11話

しのぶさんが言わないものを俺が勝手に君に話すわけにはいかない。 ただし、ヒントだけは出してあげよう。 彼女は今、重大な人生の岐路に立っている。 例えば… 結婚を選ぶとし...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年09月13日(Thu) 00:32


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。