レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BS時代劇『薄桜記(はくおうき)』 第九回 文鳥

『文鳥』

内容
本所へと移り住む上野介(長塚京三)の警固を引き受けた典膳(山本耕史)。
千坂兵部の遺言もあって、長尾権兵衛(辰巳琢郎)は、
屋敷の警備などを強固にすべきと上野介に進言するのだが、
赤穂による討ち入りに恐れおののいたように見えてしまうと、聞き入れない。
やがて屋敷にやって来た典膳に対しても、同様のことを語る上野介は、
“客分”として家来たちに剣術を教えてくれるようにと伝える。

その後、家来たちに稽古をつけながら、討ち入りでの対処法を指南する典膳。
そんななか伯父・七左衛門(徳井優)から、赤穂の藩士たちのなかには、
行方知れずの者たちがいると知らされる。
もしもに、備えるべきだというのだ。
危機感を感じ始めた吉良家当主の義周(市川知宏)が中心になり、
小林平八郎(矢島健一)左右田孫兵衛(山本龍二)らが、
屋敷の警備を強化しようとするのだが、何も語らない上野介。
意見を求められた典膳は、吉良家を守るならば義周を守るべきと進言する。
上野介が亡くなっても吉良家は存続できる。。。と。
話を聞いていて上野介は、典膳の言葉に同意した上で、
討ち入りの際は、義周を守ってくれるよう典膳に申し渡すのだった。

一方、白金で暮らす上野介の妻・富子(萬田久子)は、
側に仕える千春(柴本幸)を思い、典膳と復縁をしてはどうかと伝えるが。。。。

やがて、、、いつもの時。。。。谷中での墓参りの日。
典膳は千春と再会する。
復縁のことと口にする千春に、“なさねばならぬコトがある”と典膳は告げる。
吉良家を守ることと安兵衛(高橋和也)を救うことであると。
そんなとき、文鳥の雛を拾うた典膳は。。。。。

敬称略


“脱げた草履は、また履き直せば良い”


思わぬセリフに、脱帽。


今回は、

戦仕度を整える吉良家。。。。

と同時に

典膳が千春と。。。。

である。


ま。最終回のための準備ですね。


そんな、本来なら相容れることが無い全く違う雰囲気のネタを

見事に融合させたという印象である。


典膳の考え方、上野介の考え方、家臣達の考え方。

今作は、複雑な人間関係を描き、侍としての矜恃などを描き、
それらを丁寧に描きつつ、少人数でドラマを盛り上げている。

一つだけを描くのも、これまたドラマであるが。

やはり、色々な方向から描かれてこそ、
“祭”は、盛り上がるのである。


それでいて、その緊張感とともに同居する。。。。典膳と千春の恋バナ。

一方だけを表現しても盛り上がらず単調になる可能性もあったが、
両者が、互いに補完し合って、、、見事な物語に仕上がっていますね。

ほんと。。。見事。それだけである。


面白いのは、
赤穂浪士、忠臣蔵。。。といえば。。。などと言うエピソードを
セリフなどで、それなりにしか表現していないことであろう。

ここにこそ、今作のこだわりを感じます。


ほんと、面白いとしか言いようが無い作品である


楽天ブログ版

第九回 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【薄桜記】- BS時代劇 - 第9回

BS時代劇 薄桜記 第9回「文鳥」       簡単感想で。 吉良邸の警護をするために、白竿屋を出ることになった典膳さん。 お三さん、最後に典膳さんのお世話をしながら
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年09月08日(Sat) 00:11


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。