レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺留捜査(2)第8話(最終回)


『屋形船が乗っ取られた!!母を殺した江戸切子グラス』

内容
佐久間(八嶋智人)は、屋形船で中野真理(安藤玉恵)とお見合いをしていた。
そんなとき、突如、散弾銃を持った男・長崎雄彦(瀬川亮)が乱入。
佐久間が、月島中央署に連絡を入れたことで事件が発覚。
長崎は、交渉相手として警視庁刑事部長の高山義和(矢島健一)を指名する。

やがて交渉が始まると。
長崎は2週間前に自殺と処理された西田紀子(春木みさよ)が、他殺と主張する。
真犯人を連れて来なければ人質を殺すと。

事件を捜査した渋谷北署へと向かう糸村(上川隆也)仙堂(正名僕蔵)は、
担当した野元から事情を聞き始める。
紀子には、リストカットの痕跡がアリ、部屋も荒らされておらず。
遺書らしきモノも見つかり、自殺と判断したのだという。
遺留品も見せてもらい、カバンの中に、江戸切り子のちょこを見つける糸村。

仙堂は、高山部長、水沢課長(斉藤由貴)に事件性は無さそうだと報告するが。。

同じ頃、糸村は、紀子の父・西田英也(笹野高史)を訪ねていた。。。

やがて佐久間の機転で、長崎の素性が浮上。
そんななか、客のひとり鈴木洋介(平田満)ともみ合う長崎。それをSITが!

事件は全て解決したと思われたが、佐久間は。。。。


敬称略



今回も、大石哲也さん。


ってことは、、、今期のメインは大石哲也さん。。。ってことか。

いまさら?

と言われるかも知れませんが。
メインでスタートしたはずなのに、ブレまくっていたのが今期の今作。



今回くらいが、ほんとは今作のバランスなのでしょうね。

事件を普通に捜査する佐久間たち&勝手に何かを捜査する糸村。

糸村のシーンが少ないおかげで、

まるで、主人公は。。。。佐久間ですけどね(苦笑)


一応、2つが交わっているし。
遺留品の思いを、糸村が“3分以上”で伝えているし。

今作らしさ。。。は、あったと思います。。。。。


結果的に、遺留品の長話で、事件は薄れているのだが。

それでも、
本来、今作が目指し、表現すべきところは“ここ”だと思います。



楽天ブログ版

第8話(最終回) 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。