レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警視庁捜査一課9係(7) 第10話(最終回)殺人オーケストラ

『殺人オーケストラ』

内容
人気作曲家の星野彩華(月船さらら)が、
作品のオーケストラコンサートが開かれる会場で殺された。
駆けつける加納(渡瀬恒彦)ら9係。
加納は、その現場に落ちていた幼稚園のお遊戯会のチラシに目を留める。
浅輪(井ノ原快彦)によると、被害者の彩華はは、独身だったらしい。
その現場で加納は、
高校の同級生で医師・大町宏忠(林与一)の娘・村松詩音(原史奈)が
ピアニストとしていることに気付く。

その後、彩華は指揮者の佐久間真一(池内万作)と恋愛関係にあるが
最近は上手くいっていなかったらしい。
また2年前まで、佐久間はバイオリニスト堀田朋子(黒坂真美)と交際。
2年半前に佐久間の後押しで、作曲家として朋子はデビューしていたという。
彩華が、佐久間を奪い、朋子を楽団から追い出そうとしていた噂もあった。
三角関係のもつれの可能性もアリ、捜査が開始されることに。

やがて、早瀬川(原沙知絵)の解剖などから、
村瀬(津田寛治)と小宮山(羽田美智子)は、凶器が指揮者のタクトと推理。

一方、加納と浅輪は、チラシのあった幼稚園に聞き込みに向かったところ、
3年ほど前に、佐久間が幼稚園でチャリティーコンサートを行っていたと判明。
残されていた映像から、佐久間に関するある疑惑が浮かび上がってくる。
池上勝という青年が作った曲を。。。。。


敬称略


今回は、、、深沢正樹さん

メインライターのハズだが、いろいろ忙しいのでしょう。
初回以来。。。ですね。


他の人が、扱いを分かっていないからか、

早苗&妙子、、ようやく再登場!!!

っていうか、
シリーズのファンなら分かると思いますが、この“役割”だよね。

こういうところは、“お見事!!”というべきでしょう。


今期、ずっと抱えてきたモヤモヤを払拭してくれた感じである。


でも、こういうことを考えていると。

色々なことがあったとは言え、

そろそろ、、、、つかさちゃん。。。復活出来ないのかな??
まあ、渡瀬恒彦さん×名取裕子さん。。。から、神宮寺桃子でも良いんだけど。


あ!

完全に脱線しちゃってるけど、最終回だから。。。ってことで。


今回のストーリー自体は、
気のせいではなく、、“どこかで”なのだけど、それは良いです。

こういうモノは、
タイトル、サブタイトル、俳優、スタッフ。。。が違えば、違うモノですので。

だから、バレバレなのも気にしない。

でも、魅せ方が上手いので、刑事モノらしくて楽しかったと思いますよ。

それ以上に重要なのは“今作らしさ”が、あるかどうか??


その“らしさ”も、シッカリ盛り込まれているし。
たまに迷走することもある深沢正樹さんの作品のわりに、かなりオーソドックス。

丁寧に《9係》を楽しませてくれた感じである。



最終回を見て、思ったのは1つ。

やっぱり、深沢正樹さんが、3回くらい参加してくれないと、
《らしさ》が。。。。。。。微妙にブレるし。

キャラ、設定なども伝わりにくい。

ってことですね。


楽天ブログ版

第10話(最終回) 


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「警視庁捜査一課9係 season 7」第10話(最終話)

ピアニストの手は美しいメロディを奏でるために。 第10話(最終話)『殺人オーケストラ』ネタバレです。 オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]アレクセイ・グシュコブ ...
[続きを読む]

三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ | 2012年09月06日(Thu) 19:01


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。