レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪花少年探偵団 第9話


『しのぶセンセと小さな恋
“おばあちゃんは殺人犯?嘘と涙

内容
アパートで、男が撲殺された。
殺したのは、そのアパートに住む一人暮らしの松岡稲子(中原ひとみ)
物音で目覚めると男がいたという。
恐怖のあまりゲートボールのスティックで殴ったらしい。
老人ホームへの申し込みをするため金を下ろしてきたばかりだという稲子。
きっと銀行からつけられていたのだろうと。

新藤(小池徹平)漆崎(段田安則)は、正当防衛の線も含め、捜査を開始。
そんなとき被害者の身元が判明。永島和雄(三上市朗)だった。
住所は、“サンメゾン大路”!?。。。。しのぶ(多部未華子)のアパート!

すぐに新藤たちは、しのぶのもとへ聞き込みへ。
隣人・安西芳子(中島ひろ子)の内縁の夫・永島が殺されたことを告げると、
偶然、居合わせた妙子(松坂慶子)が、よく騒いでいたと話はじめる。
漆崎によると、金を無心するときだけ、永島は訪ねていたようだった。

しのぶは、芳子が、娘・千鶴(石井萌々果)と2人暮らしと聞き、
芳子が警察へ行っている間、面倒を見ることに。
たまたま訪ねてきていた修(前田旺志郎)は、千鶴を見て。。。。。

漆崎たちは、芳子が怪しいとふみ捜査をするのだが、
話を聞いていたしのぶは、芳子だとオカシイと考え推理を巡らしていたところ、
ある事に気づいてしまう。。。。稲子と芳子の接点。。。。

敬称略




今回も、江頭美智留さん


前回とは違って、再び“江頭風”である。

ちょっと強引に、探偵団を繋げすぎだけどね!!

まあ。。。登場させないよりは、マシ。。。って言う程度である。


とはいえ。

やはり、江頭さんだけあって、本格派ですね。

子役なんぞ無視して、この枠らしい、ミステリー&人情モノ(笑)


“少年探偵団”なのか???という疑問をのぞけば、

ホントに良く作られてるのだ。

お見事!!と言いたくなるほど。


参加はされてませんが、こういう作品を見ると、
“安積班”に加入してもらえないかなぁ。。。と思ったりするわけです。

そうすれば、
ブレまくっているのも、正されるんじゃないか。。。と。


あ。脱線してますが。

話自体は、良い話だったと思います。


楽天ブログ版
第9話 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【浪花少年探偵団】第9話

その時ぼくは、なんやカーッとなって熱が出たようになりました。 心臓もドキドキして……。 「浪花少年探偵団」第9話      今回は大きな事件です。何せ殺人事件です。...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年08月30日(Thu) 00:44


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。