レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第127回


『意地の上塗り』

内容
久しぶりに松子(ミムラ)たちも下村家にやってきて、みんなで食事。
竹夫(小出恵介)そして静子(木村文乃)も加わり。。。一家団欒。

敬称略


“久しぶり”なのか???????


ここに、陽造がいれば、ほんとに“久しぶり”に見えるのだが。


だって、加藤にしても、松子にしても、一緒にいた印象が強く。
それは竹夫も同じ。

実際、母のことで集まっている姿を見せつけられていますからね。

それがまた、加藤家や、安岡医院、、、または竹夫の会社なら分かるが

会議を行っていたのが、下村家。。。。。でしたし。


これ、建造が言うなら、まだわかるが。

ナレーションが言うのは、絶対に間違ってますよね。

たとえ“代弁”だとしても、その代弁が、建造の代わりですか??

梅子なら分かるが。。。建造って、脇役だよ。


ナレーションは、あくまでも第三者視点。視聴者視点であるはずなのに。

それとも《ゲゲゲ》のように、亡くなっている家族なのか???



楽天ブログ版
楽天ブログ版は、こちら

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。