レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第123回


内容
家出をした母・芳子(南果歩)
松子(ミムラ)のところにもいない。
心配する梅子(堀北真希)たちをよそに、
父・建造(高橋克実)は、いつものように出勤していく。

幸吉(片岡鶴太郎)は、建造が浮気でもしたのではと言い始め。。。。

敬称略



最も楽しいのが

ドラマの内容よりも、片岡鶴太郎さんと大島蓉子さんのやりとり。
とそれに続く、滝藤賢一さん達の部分かな。。。。


まあ、それだけでも、救いようがある。。。。というものだ。

実際、今までもそうだったが。

主人公家族が直接絡んでいる部分で、楽しかったことは、かなり少なく。

たしかに、そういう“役割”だといえば、それまでなのだが。


もう完全に、期待しているのは、

芳子の家出でもなければ、下村家でもなく

そういうところ。。。。なのだけどね。


それもまた、1つの視聴方法と言うことで(笑)


ただ問題は、
今作の場合。そういう部分をたくさん盛り込もうとせず、

どうしても、主人公を絡ませようとするからね。

“おかげ”としたいのだろうが。

それで良いのかな???

でも、月曜に感じたのは、やはり、そういう方向性。。。。なんだよなぁ。。。



いっそ、下村家のコトを“きっかけ”程度にして、月曜オンリー

で。。。。火~金は、他の家族のバカ騒ぎだけ。

とりあえず、土曜で、“梅ちゃんのおかげ”で、良いと思うのだが。。。。


え?主人公が目立たない?

。。。。。いままでも、目立ってないんだから、別に良いと思いますけど(苦笑)





楽天ブログ版
楽天ブログ版は、こちら


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。