レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾ミステリーズ 第6話

『シャレードがいっぱい』

内容
元カレ・北沢孝典のもとへ、荷物を返しにやって来た青山弥生(長澤まさみ)
部屋の鍵が開いている事に気づき、中に入ると、元カレは死んでいた。

警察から執拗に事情を聞かれる弥生。
部屋は荒らされていたが、金銭類が残され、犯人の意図が見えずにいた。
たったひとつ。。。血で描かれた“A”の文字以外、何も分からなかった。

それからまもなくして葬儀に出席した弥生。
そこに、友人だという尾藤茂久(安藤政信)から声をかけられる。
自らを“探偵”だという尾藤。

尾藤によると、北沢が、ある人物の遺言状に絡んで問題を起こしたらしいが。。。

敬称略




楽天ブログ版
第6話 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東野圭吾ミステリーズ#06 葬儀でも長澤まさみはミニスカ喪服!!

東野圭吾ミステリーズ #06 「シャレードがいっぱい」 前回の反町隆史(第五話)と同様の理由で、シリーズ中で最も懸念された”長澤まさみ”のエピソード。 ところが、思ってた
[続きを読む]

世事熟視〜コソダチP | 2012年08月17日(Fri) 14:15


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。