レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息もできない夏 第6話

『19年の秘密…すべてを切り裂く訪問者』

内容
接近してきた鮎川(要潤)の存在に、玲(武井咲)は覚悟を決める。
鮎川姓を名乗りたくないと。
そこで樹山(江口洋介)から弁護士を紹介してもらい、相談に乗ってもらう。
だが多額の金と、親子関係が無い事を証明する必要があると言う。

一方、玲の家から飛び出してきた鮎川を捕まえる夏目周作(北大路欣也)
謝りたかっただけだと鮎川は伝え、去っていく。
それから数日後、鮎川は、玲のもとを訪れて、謝罪。
北海道に帰ると言い去って行くのだった。

帰宅後、玲は弁護士に相談した事を、母・葉子(木村佳乃)に伝えたところ。
裁判をせずに、戸籍の手続きを進めようと言い始める葉子。
戸惑う玲。。。


敬称略



1.爺さん婆さんの会議

2.樹山の疑似家族

3.玲と草野の会話


ほんとに、この3つは必要か???????


時期が時期だけに、今回を見なくても良いように。

という配慮かもしれないが。


前述のネタの無駄さ加減と、全くと言って良いほど進まない物語に

唖然としてしまった。


これ、前回、今回で、1時間にまとめる事出来たよね?????


で、もう一度、ココ数回で書いている疑問を書いておく。


そこまで鮎川を恐怖してるなら、今の居場所から逃げれば良いんだよね???

もちろん、、、、“実は。。。”なんてこともあるだろうけどね。


でもね。

居場所をすでに知られているのならば、

鮎川になって、居場所を知られるかも!!というのは、無視できるわけで。

こうなると、鮎川になるかどうかは、タダの意地。

理解出来なくも無いが、
。。。。。。戸籍が必要なんだよね????。。。それも、すぐに!!

そらまぁ。。。店長が贔屓してくれているので、問題ないかも知れないが。
そういうコトをしていたら、店での居場所が無くなるわけで。


まさかと思うが。
これ、樹山に活躍の場を作るために、ワガママ言って引き延ばしただけですか??

母や妹との絆とか言っているわりに、母の言う事を無視して、
樹山の言葉を聞くって。。。。。。理解不能である。



前回は“丁寧”であると感じたが、
今回は“蛇足”と言って良いほどの、堂々巡り。


なぜ、前回、今回をひとつにしなかったかなぁ。。。。

まさに“余計な回り道”である。


楽天ブログ版

第6話 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【息もできない夏】第6話

君たちが本当の家族であるということは、君とお母さんが一番よく知ってるはずだ。 それを誰かに認めてもらう必要なんてあるのかな。 君がお母さんを思っていること、お母さんが君...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年08月15日(Wed) 02:09


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。