レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪花少年探偵団 第7話


『しのぶセンセと家なき子』
「家なき子が背負う大人の愛憎劇

内容
朝から、母・妙子(松坂慶子)とケンカするしのぶ(多部未華子)
いつまで経っても1人になれないと。

そんななか、鉄平(濱田龍臣)と本間(山本耕史)が
足の速い少年に買ったばかりのゲームを盗まれる。
話を聞いたしのぶは、“足の速さは誰にも負けません”と犯人捜しを開始。
ようやく見つけたのだが、さすがのしのぶも逃げられてしまうのだった。

一方、美奈子(二宮星)の両親が営む長屋で事件が起きる。
住んでいた荒川利夫が視察されたという。
捜査を始める新藤(小池徹平)と漆崎(段田安則)
妻・千枝子(有森也実)と離婚し男の子と一緒に住んでいたらしいが、
2、3日前から行方不明だということだった。
やがて美奈子の母・真理江の再婚相手・政司(田口浩正)が・・・・・


敬称略


今回は、吉田紀子さん


今回の話が面白かったかどうかは別として。

完全に脚本家のさじ加減で、“少年探偵団”が出るかどうかが決まるんですね。

いや、正確には、吉田紀子さんの場合、使う事が多く。
もう一方の江頭さんの場合、使う事が少ない

ということである。

もうここまで、ハッキリされてしまうと。

2つのドラマを交互に見ているような印象ですね。


原作を読んでいないので、原作がどうなっているか知らないが。

ドラマと違って、小説は、
そういった作家でない限り、作風や構成が変わる事は有り得ないわけで。

となると。
全てにおいて原作があるならば、このドラマ。。。

脚本家によって、大幅に作風が変わりブレまくっている。

と言っても良いのかも知れません。


子役が活躍するから面白い!なんてことを言うつもりは無いが、
あくまでも“少年探偵団”ならば、子役が活躍ししてもいい。

いや、しなきゃならないと思います。

もちろん、あっちがダメで、こっちが良い。
こっちがダメで、あっちが良い。

ということではない。

作風というモノは視聴者層にも影響を与えるモノだからである。


実際、視聴者層の固定が出来ていないため、

それなりに楽しめる作品であっても、あまり数字が取れていない可能性が高い。

そういうことだ。


もうちょっと“これだ!!”という風に進めて欲しかった。


あ。。。。。総括になってる。。。。



楽天ブログ版

第7話 



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。