レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BS時代劇『薄桜記(はくおうき)』 第五回 豪商紀文

『豪商紀文』

内容
高田馬場において、伯父の助太刀をした安兵衛(高橋和也)
捕らえられ評定所で裁きを待つ間にも、安兵衛の評判はうなぎ上り。
一方で、父が亡くなった事で、長屋の“鶴”だったお豊は、長屋を去り。。。。

そんななか、安兵衛に下された裁定は“お構いなし”
典膳(山本耕史)らが待つ長屋へと帰ってくる。
皆に笑顔で迎え入れられ、大笑いする安兵衛だったのだが、
お豊の子細を知り、号泣する。
典膳は、ただ慰めるしかなかった。

その後、安兵衛の評判を聞き紀伊国屋文左衛門(江守徹)が使いをよこしてくる。
番頭の喜兵衛によれば、主人が会いたいと言っているというのだ。
隅田川で花見。。。それも屋形船に、大勢の女衆も用意しているという。
鼻の下を伸ばす安兵衛に誘われた典膳は、母の命日だと断るのだが、
着ていくものがない安兵衛のため、
千春(柴本幸)が典膳のために仕立てた小袖を安兵衛に貸してやるのだった。

翌日。母の墓に向かった典膳。。。。そこには、千春の姿もあった。
互いに近況を報告し会う2人。。


その夜、帰宅した安兵衛は、次は典膳も。。。とご満悦。
余計な事を。。。と典膳。


それからまもなくして赤穂浅野家家臣・堀部弥兵衛(津川雅彦)が長屋に現れる。
安兵衛に、浅野家へ仕官しないか。。。。ということだった。
その一方で、上杉家からも誘いがあり。。。

敬称略



細かい事はともかくとして。


浅野家と上杉家の対比の演出なんて、なかなかテンポも良く楽しい。

脚本と演出が上手く噛み合っている印象だ。

ほんとは、こういうことこそが、1つのドラマ演出であり
ドラマがエンターテインメントである証拠である。

そう。視聴者を楽しませなきゃ!!!。。。。ってこと。

そのあとの紀伊国屋文左衛門とのやりとりも、なかなか良いですね。

昔ながらの時代劇らしさもありますし。

見事である。



さて、、、最初に書いた“細かい事”ですが。


これからにとって、かなり重要な今回のお話なのは事実。

ただ、ちょっと疑問だったのは、
明らかに、典膳より安兵衛の物語。。。だった。。。ってことかな。


まあ、楽しかったのでokでしょう。


楽天ブログ版
第五回 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BS時代劇「薄桜記」第5話〜千春(柴本幸)の”まちぶせ”

BS時代劇「薄桜記(はくおうき)」 第5回「豪商紀文」 今週も、面白味が増しました。 典膳(山本耕史)と千春(柴本幸)の墓参りの場面もよかったし、安兵衛(高橋和也)は面白いし...
[続きを読む]

世事熟視〜コソダチP | 2012年08月11日(Sat) 10:24


【薄桜記】- BS時代劇 - 第5回

BS時代劇 薄桜記 第5回「豪商紀文」       簡単感想で。 先週の第4話から典膳さんは長屋暮らし…。 おいたわしくも、中山安兵衛もいるし、世話をしてくれるおとよも居た...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年08月10日(Fri) 21:48


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。