レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第111回



内容
信郎(松坂桃李)と結婚し、安岡家での生活が始まった梅子(堀北真希)
母との花嫁修業の成果も出て、梅子が作った食事も信郎たちに好評。

そんなおり、信郎が、“下村医院”の看板に書かれてある
“下村梅子”を。。。。“安岡”に変えてくれる。
だが。。。“下村医院”のことで、
幸吉(片岡鶴太郎)と建造(高橋克実)が。。。。。。。

敬称略


結婚式で“定番”の意味不明エピソードはあったモノの

それなりに内容は安定している今作。

あくまでも“それなり”ではあるが、“意味不明”なモノよりはマシ。


今回の看板についても、有ってもおかしくないエピソードだしね。


急患にしても、日常の医者としての仕事にしても、

いままで、ほとんど描かなかったのが、嘘のようで。


まあ。細かい事を言うなら。

急患の。。。翌朝、梅子に声をかける和子。
和子「安西さん、どうだった?」
と言うのが、本当だろうけどね。

だって、ご近所さんのところに行ったはずだからである。
そう。和子だって知っていてもおかしくないのだ。


と。
あいかわらずの微妙さも存在するのだが、

それでも、“意味不明”よりも、マシである。

今回のオチにしても、同じ。


本音を言えば。

今までの4ヶ月をすべて無視すれば、
今回からスタート!!!。。。。。

それなら、普通に納得出来る朝ドラだったかも知れませんね。


楽天ブログ版
楽天ブログ版は、こちら



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。