レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BS時代劇『薄桜記(はくおうき)』 第四回 高田馬場


『高田馬場』

内容
評定所から御家断絶の裁定が下り、浪人となった典膳(山本耕史)
千春(柴本幸)を長尾家へと返すのだった。

長尾家へと戻った千春は、
母・お菊(かとうかず子)兄・龍之進(忍成修吾)を正し、
もしも典膳が刀を抜けば、龍之進の命はなかったと告げる。
長尾家を守るために、斬られる道を選んだのだと。

一方、堀内道場の後輩である中山安兵衛(高橋和也)の世話になり、
安兵衛の長屋に住まうことになった典膳。
長屋暮らしに戸惑いつつも、安兵衛の計らいで
長屋に住むお豊(藤本泉)が、身の回りの世話をしてくれることに。
とはいえ、食うていくには、働かねばならず。
とりあえず、“剣”にしか生きる道はないと、
片腕での剣術稽古を安兵衛とはじめるのだった。
そのことで、自らの素性を語りはじめた安兵衛とは気心の知れた中になっていく。

そんなある日のこと、玄関先に、妙な包みが置いてあることに気付く。
安兵衛を問いただしたところ、千春に頼まれ、居場所を教えたという。。。。

それからまもなくして。
典膳が剣術稽古を終え、長屋に帰ってきたところ、騒ぎになっていた。
安兵衛が置き手紙を残し、伯父の助太刀に高田の馬場へ向かったというのだ!!

敬称略



一瞬。。。。何の話だったか、完全に忘れていた私。

安兵衛が、自らの素性を語っているのを聞いていて、
このキャラって、どこかで聞いたことあるよなぁ。。。と

本気で思いながら見ていました。


そら、そうだよね。安兵衛は堀部安兵衛なのである。


ってことで。今回は、安兵衛が名をあげることになる高田馬場の決闘である。


今までは、劇中で典膳が語っていたように、
凄腕ではあるが、素性を隠す安兵衛。


が、、、、『義によって助太刀致す!』

と、本気の安兵衛。


正直。イメージが出来上がっている堀部安兵衛が、高橋和也さん!?

そんな印象が、少なからずあったわけなのですが。。。。(失礼!)

だが。
今後の展開を考え、典膳と友情を語り、
それでいて、、、少し軽めで、、、実は。。。。

そういったキャラを演じるには、シッカリした俳優でなければならないわけで。

意外と良かったと思います。

まあ。。。。さすがに、山本耕史さんと比べてしまうと、殺陣は荒いけど、
これはこれでキャラとして良いかもしれませんね。


これからを考えれば、

安兵衛をほんとに良い感じで魅せてきたと思います。



それにしても、長屋の場面になったり、
コレまでの展開、コレからの展開を考えると。

なぜ、今作。。。2クール、、、20話程度に出来なかったのかな???

年末に、安兵衛の最期をあわせれば。。。。

典膳の生き様、安兵衛の生き様が、良い感じで見れたと思うのだが。


楽天ブログ版
第四回 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BS時代劇「薄桜記」第4話〜高田馬場の決闘〜男闘呼だ安兵衛(高橋和也)

BS時代劇「薄桜記(はくおうき)」 第4回「高田馬場」 8月2日のNHK「スタジオパークからこんにちは」見ました?? 千春役の”柴本幸”がゲスト出演して、ハキハキ元気なトークを見...
[続きを読む]

世事熟視〜コソダチP | 2012年08月04日(Sat) 09:05


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。