レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第106回


内容
信郎(松坂桃李)の見合いでトラブルが発生。
それがもとで、梅子(堀北真希)の見合いも散々な結果に。
ただ双方ともに、ホッとしているようで。。。。

一方、竹夫(小出恵介)のもとに陽造(鶴見辰吾)が訪れ。。。。

敬称略



お~~~~~~~~いっ!!!!

見合いは、コレで終わり!?

いや、それどころか、梅子と信郎のことは?????????

たしかに、“繋がってない”わけではない。

でも、これで“繋がっている”と言えるのか???


あいかわらずの状態の今作である。


っていうより。

松子、竹夫は良いけど。梅子。。。。仕事は???


結局、この主人公。

“医者”という肩書きがついているだけで、
“医者”として何かをしているわけではなく。

序盤の学生時代と同じ。

何もしていない。

ほんと、何もしていない。


恋バナにしても、今回の信郎とのことにしても。
梅子は何も動いていない。

まあ。それが今作の主人公なワケであるが。


それ。。。。。楽しいのか???面白いのか???

ドラマが面白く見える前に、主人公に不快な感情しか抱かないのだが。。。。


楽天ブログ版
楽天ブログ版は、こちら


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【梅ちゃん先生】第106回

ある日、竹夫(小出恵介)のもとに陽造(鶴見辰吾)が訪ねてくる。 なんでも、陽造がマネージメントしているタレントが、ある大きな歌謡ショーに前座で 出演するので、チケットを買って
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年08月02日(Thu) 14:13


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。