レベル999のFC2部屋

梅ちゃん先生 第103回


『大切な人』

内容
信郎(松坂桃李)の指のケガを治療する梅子(堀北真希)
それを近くから見ていた八重子(銀粉蝶)は、呆れていた。

微笑ましすぎる姿に不安を覚えた八重子は、建造(高橋克実)に相談。
それからまもなくして、梅子のお見合い相手を。。。。。

敬称略



ほんと、ベタである。

それ以上の言葉は見当たらない。

ネタフリや展開、演出、そしてセリフひとつに至るまで。。。



あえて言うなら。

“そうまでして、梅子と信郎をくっつけたいか!?”

そういう印象の方が強いかな。


実際のところ。

医者という仕事に主人公が向き合っているかどうかを考えれば、

テーマであるにもかかわらず、かなり中途半端な今作。


そこを描かず、くだらない恋バナを描いているだけにしか

見えませんけどね(苦笑)


まあ。。。それ以外も、主人公に関わっている部分だけでなく、
主人公が関わった部分も少ないんだけど。

主人公なのに。。。。



楽天ブログ版
楽天ブログ版は、こちら

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【梅ちゃん先生】第103回

梅子(堀北真希)は、信郎(松坂桃李)のけがの手当てをしていた。 そんな中、隣りの幸吉(片岡鶴太郎)と妻・和子(大島蓉子)は近所の若い者が結婚した話に 花をさかせていた。 ある日、入
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年07月30日(Mon) 13:35