レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VISION-殺しが見える女- 第3話

『破滅してゆく女殺人者、多重人格に隠された謎を追え』

内容
清末(勝村政信)、和馬(金子ノブアキ)の勧めで、
玲奈(山田優)のもとを心理学の長岡太一(野間口徹)准教授が訪れていた。
長岡は、多重人格である可能性を指摘する。
納得がいかない玲奈。。。。が、その前にボンテージ姿の女が!!

そこに崎阪(矢柴俊博)から和馬に連絡が入る。
秘密クラブで政治家が殺されたという。
現場には“クリスティーナに愛の手を”というメッセージが残されていた。
近くで話を聞いていて玲奈が、ボンテージの似合う女だと指摘すると
崎阪も電話の向こうで、同じコトを告げ、和馬を驚かせる。
玲奈によると、今そこにいたのだという。。。

その後、犯人が水島貞子(佐藤寛子)というクラブのエスコートガールと判明。
その事を和馬から伝え聞く玲奈だったが、
直後、2人目の犠牲者が出たと、崎阪から連絡が入るのだった。
現場へと向かう和馬。

1人カフェに残された玲奈。。。。そこにVISIONではない貞子が現れる。
“クリスティーナは、あなた。私は、あなたを救いたい。
 課題をクリアする前に、直接会うのはルール違反だが、
 男たちみたいに自分を見失ったりしない。”
そう告げて、、、貞子は玲奈の前を去っていくのだった。

逃走した貞子と繋がりがあると、
再び警察で崎阪の取り調べを受けることになる玲奈。
何も言わず黙っていた玲奈だったが、
突如、逃走に使ったタクシー運転手の名を告げる。
いまそこに、貞子のVISIONがいると。
その直後には、玲奈の訴えが証明され、和馬も信じざるをえなくなっていく。

そんななか、玲奈は、次の殺人現場を。。。。。。

敬称略



今回も、同じパターンで、

全く話自体は進んでいないのだが。。。。。

それでも、魅せ方が良いから、楽しめている感じですね。



楽天ブログ版
第3話 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。